流せるお掃除シートがトイレ詰まりの原因に?解消方法は何があるの?

あなたは、流せるはずの「流せるお掃除シート」がトイレに詰まったらどう思いますか?

「流せるって書いているのに、流せないなんてひどい!嘘つき!私のトイレをどうしてくれる!?」
きっと、こんな感じで怒り狂うことでしょう。

ですが怒り狂うよりも先に、トイレの詰まりを解消しないといけませんよね。
ここでは、「流せるお掃除シート」がトイレに詰まった場合の解消法を紹介していきます。
こみ上げてきた怒りを一度沈めて、冷静に解消法を実践してください。

ちなみに「流せるお掃除シート」以外にも「流せるトイレブラシ」「流せるウエットティッシュ」といった「流せる〇〇」シリーズの商品全般に対応した解消法なので、思い当たる方は参考にしてください。(※流せるペットシート、流せる猫砂は、水分を吸収するので今回の方法は適しません。
注意してください。)

解消法①誰でもできる!お湯でシートをふにゃふにゃに

数ある解消法の中でも、手軽なものから順に紹介していきましょう。
最も手軽なのは、便器に40~60度程度のぬるま湯を注いで、1時間ほど放置する方法です。
想像しやすいと思いますが、水とお湯ではお湯のほうが簡単に紙をふやかすイメージがありますよね。
ふやかす力で詰まっている流せるシートを柔らかくし、詰まりを解消しようという考え方です。

水とお湯、流せるお掃除シートの溶け具合の違いは?

「お湯のほうが簡単に紙をふやかすイメージがある」とはいっても、実際に自分の目で確かめないと気がすまないと思うかもしれませんね。

水とお湯を張ったボールに、流せるお掃除シートを漬けて実際の溶け具合を確認しました。

長せるお掃除シートを漬けてから30分後に、割り箸で10回ほどかき混ぜたときの写真です。
水に漬けたお掃除シートも多少ほぐれやすくなっていますが、お湯に漬かったお掃除シートのほうはさらに細かくほぐれています。

詰まりを解消できる可能性を高めるなら、水よりもお湯に漬けたほうが良いのは確実ですね。

お湯で溶かす手順は?~簡単さが最大の売り~

お掃除シートをお湯でほぐれやすくする方法は、便器の中にお湯をためるだけです。
特別大きな手間といったら、お湯の温度を調整することくらいですね。

実はトイレの便器に熱湯をかけると、熱膨張によって陶器がひび割れる危険があります。
そのため、そそぐお湯は40~60度程度のぬるめのものを用意しなければいけません。
とはいっても、沸騰したお湯に同量に水を加えるだけで50度程度のお湯が作れるので、大した手間にもならないでしょう。

この方法の最大のメリットは、「簡単過ぎる」という点かもしれませんね。
詳しい方法は「トイレの詰まりはお湯で溶かすことで解決?やり方はどうするの?お湯を使った正しいトイレ詰まりの解消法」を参考にしてくださいね。

解消法②ほぐし効果をUP!重曹+クエン酸orお酢

流せるお掃除シートは「流せる」とは言いつつも、トイレットペーパーよりは圧倒的にほぐれにくいです。
お湯でふやかす程度の力では、どうにもならないこともあります。
そこで次に活躍するのが、重曹とクエン酸(お酢でも代用可)です。

重曹+クエン酸でお掃除シートがなぜ溶ける?

最近では家のお掃除でもいたるところで大活躍する重曹とクエン酸ですが、この2つは弱酸性と弱アルカリ性です。
2つが混ざりあうと、「シュワシュワ~」と炭酸ガスの泡が発生します。
この泡の力でお掃除シートが溶けやすくなるのです。

この写真は、実際に「水」「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」に流せるお掃除シートを漬けたときの溶けやすさを比べたときのものです。
時間を置いて割り箸でかき混ぜると、「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」に漬けたお掃除シートのほうが簡単にほぐれました。

重曹+酢酸で溶かす手順は?~2つのアイテムを順番に投入するだけ~

この方法も、重曹と酢酸(もしくはお酢)を順番に便器に投入して時間を置くだけです。
投入する順番を間違えると、泡が出る時間が極端に短くなることもあります。
私が試した感じだと、お酢よりもクエン酸の方が発泡時間が長めでした。

「クエン酸はないけど、お酢ならある。」という人は、もちろん重曹+お酢の組み合わせで構いません。
しかし、これからお店に行って重曹とクエン酸、もしくはお酢を購入しようと思っているなら、クエン酸のほうが良いかもしれませんね。
いずれの商品も100円ショップで購入できるので、大きな出費にはならないでしょう。

詳しくは「トイレつまりを重曹とクエン酸やお酢で解消するコツとは?重曹+クエン酸orお酢のトイレ詰まり解消法!」を参考にしてみてください。

解消法③注いだそばからドロドロに?パイプやトイレの洗浄剤

台所や浴槽の排水管詰まりに効果を発揮するパイプの洗浄剤をご存じですか?
「パイプユニッシュ」などの商品名で、ホームセンターに売られているのをよく目にするかもしれませんね。

実はこういったパイプの洗浄剤や普段トイレ掃除に使うトイレの洗浄剤も、流せるお掃除シートの詰まりに効果を発揮するのです。

薬品の力は偉大だった…

実際に実験をしたときの画像があるので、先にこちらをご覧ください。

「水」「パイプクリーナー」「トイレクリーナー」に流せるお掃除シートを漬けてから、10分後に割り箸で10回ほどかき混ぜました。
かき混ぜると泡立って確認しにくかったので、アルミホイルの上にそれぞれの流せるお掃除シートを取り出したのが上の写真です。

水に漬けていた流せるお掃除シートも多少はほぐれやすくなっていますが、パイプクリーナーとトイレクリーナーに使っていたお掃除シートのほぐれやすさは段違いです。
実際に触った感覚だと、「ほぐれた」というより「ドロドロに溶けた」というほうが近いかもしれません。

驚くべきなのは、この写真がシートを漬けてから10分しか経っていない状態のものだということです。
薬品の力は想像している以上に偉大ですね。

ただし、この方法は効果を保証できるものではありません。
パイプクリーナー注意書きには「トイレのつまりに効果は期待できません。」とはっきりと書かれています。

トイレクリーナーは、そもそもパイプの詰まりを解消するものではなく、トイレ掃除に使うものです。

「これで詰まりとおさらばだ!」と期待を込めてトイレに注ぐのではなく、「ダメでも仕方ないか。」くらいの気持ちで注いだほうが解消できなかったときのダメージが少なくてすむでしょう。

洗浄剤で溶かす手順は?~投入して放置するだけ~

この方法も特に難しいことはありません。
便器の中に洗浄剤を投入するだけです。
ただし、すでに便器の中にお酢などを投入している場合は、洗浄剤の使用は控えてください。
有害なガスが発生する可能性があります。

洗浄剤のボトルには、ほとんどの場合大きな文字で「まぜるな危険」と書いてあります。
使う前には、必ず注意書きに目を通して使用しても危険がないか確認してくださいね。

詳しい方法は「トイレの詰まりを洗浄剤(パイプクリーナーなど)で解消するコツは?」を参考にしてください。

解消法④吸引力で粉々に!ラバーカップ

一人暮らしだと部屋にラバーカップを常備していない人も多いですよね。
しかし、ラバーカップは流せるお掃除シートをはじめとした紙類の詰まりには、高い効果を発揮します。

水を吸う力で、シートもバラバラに!

一度、自分がラバーカップを使う姿を想像してみてください。
きっとあなたは、ラバーカップを「グイッ、グイッ」と押すときに力を入れて使っている姿を思い浮かべたことでしょう。
この使い方は実は間違いで、本当は押すときではなく引くときに力を入れるのです。

引くときに力を入れることによって、排水溝部分では大きな吸引力が生まれ水が引き戻されます。
そして、この水の動きによって流せるお掃除シートがバラバラにほぐれて、詰まりが解消されるのです。

ラバーカップを使う手順は?~水位の調整、水ハネ予防も忘れずに~

ただ便器の中に突っ込んでラバーカップを押したり引いたりするだけでは、思うような効果が得られません。
ラバーカップが効果を発揮できるための水位の調整、ビニール袋での水ハネの予防など、ラバーカップを正しく使うためには、下で紹介するいくつかの手順を踏んだほうが良いでしょう。

1.止水栓を止める
2.ラバーカップが覆われつ程度まで、水位を調整する
2.水ハネを予防するために、ビニール袋で覆う
3.ラバーカップを密着させ、静かに押し付け「グイッ!」と引く
4.水位の変化や「ゴポゴポッ」という音がしたら、詰まりが解消した可能性大

トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?ラバーカップは便器に合った種類を選ぶこと!」以降で動画も交えて紹介しているので、実際にラバーカップを使う前にはこちらも参考にしてください。

解消法⑤ラバーカップの強化版!真空式パイプクリーナー

知名度は低いですが、ラバーカップの吸引力を強化した「真空式パイプクリーナー」というアイテムがあります。
真空式パイプクリーナーは、ラバーカップの柄の棒の部分がポンプに変わったアイテムです。
値段は少し張りますが、ラバーカップの購入を検討しているなら真空式パイプクリーナーを検討しても良いかもしれません。

吸引力を確実に生み出せる!

真空式パイプクリーナーの最大のメリットは、ラバーカップよりも確実に吸引力を生み出せる点です。
ラバーカップは、カップ部分を便器に密着させた状態で柄の部分をグッと引きます。
このときに勢い余ってカップ部分が便器から外れて、「実はさほど吸引できていなかった。」というケースは意外と多いです。

しかし、真空式パイプクリーナーはポンプのハンドルを引くだけなので、カップ部分が外れずに簡単に吸引力を生み出せるのです。

真空パイプクリーナーで解消する手順は?~ラバーカップが使えれば問題なし!~

真空パイプクリーナーの基本的な使い方は、ラバーカップとあまり変わりません。
ラバーカップの柄を引くか、真空式パイプクリーナーのハンドルを引くかの違いくらいですね。

ラバーカップを使える人なら、問題なく使えることでしょう。
詳しい使い方は、「トイレつまりを真空式パイプクリーナーで解消?正しい使い方とは?」を参考にしてください。

「なんで詰まったの!?」原因はJIS規格?

流せるお掃除シートが詰まりの原因であれば、上で紹介したいずれかの方法で詰まりを解消できるでしょう。
しかし、解消できたから安心というわけではありません。
再発防止の意味も兼ねて、「なんで流せるはずなのに詰まったの!?」というあなたの怒りも混じった疑問を解決しましょう。

流せるお掃除シートはなぜ詰まった?

水に流れるトイレットペーパーと同じ紙類で、なおかつ「流せる」と宣伝しているお掃除シートがなぜ詰まったのでしょうか?

トイレットペーパーはJIS規格にもとづいて作られているので、普通に使えば水に漬かって数十秒でほぐれやすい状態になります。
しかし、「流せる」と宣伝している商品にはJIS規格がありません。
そのため、「流せる」シリーズの商品は開発した会社が独自の基準で「これくらいならトイレに流せる」と判断しているだけなのです。
流せるお掃除シート自体トイレットペーパーよりかなり厚手なので、冷静に考えたら詰まりやすいことも想像できるかもしれませんね。

使った後は便器ではなくゴミ箱に!

「流せる」と名前がついた商品の中には、本当にトイレに問題なく流せるものもあります。
しかし、消費者の私達が「実際にその商品が流せるのか?」「流せると言いながらも詰まりやすい商品のか?」を見分けるのは難しいです。

流せるお掃除シートはトイレ掃除に便利ですが、そのままトイレに流してしまえばトイレの詰まりといういらぬ面倒を引き起こしてします。
流せるお掃除シートが詰まっても、今回紹介した方法を試せば業者を呼ばなくても解消できる可能性はあります。
しかし、これからはそんな面倒を引き起こさないためにも、流せるお掃除シートはトイレではなくゴミ箱に捨てるようにしましょう。

test

最後に

普段からあなたが何気なくトイレに流している「流せるお掃除シート」は、あなたが知らないうちにトイレの詰まりの原因となる可能性があります。
「流せる」と書いてあるものが、詰まりの原因になるなんて驚きですよね。

でも、この事実を知ったあなたはこれから先、流せるお掃除シートをトイレに詰まらせることもないでしょう。
もし詰まらせてしまったとしても、今回紹介した方法なら流せるお掃除シートの詰まりを解消できるので参考にしてくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生理用品やおむつがトイレ詰まりの原因になったときの解消法とは?

トイレットペーパーを流しすぎた時のトイレ詰まりの解消はどうしたらいい?

トイレの詰まりは放置したら直る?時間はどのくらい放置するの?

トイレの詰まりはお湯で溶かすことで解決?やり方はどうするの?

水を流すだけで解消?トイレの詰まりをバケツで直す方法は?

トイレの便器に落とした物や固形物が詰まりの原因になった時の解消法とは?