生理用品やおむつがトイレ詰まりの原因になったときの解消法とは?

「生理用品ひとつくらい流してもいっか。」

「子ども用のおむつなら流してもいいかな?」

そんな安易な考えが原因で、今あなたはトイレ詰まりという最悪の事態に遭遇しているかもしれませんね。
トイレ詰まりの原因は、「紙類」と「紙類以外の異物」に分類でき、紙類のほうが解消しやすいです。
ただし、紙類に分類できそうな生理用品やおむつは解消が難しいのです。

ここでは、生理用品やおむつが原因のトイレ詰まりが解消しにくい理由、具体的な解消法を紹介していきますね。

「たかがおむつ」と侮るなかれ!

トイレットペーパーなどの紙類は水に漬かるとほぐれやすくなり、詰まりも解消されやすくなります。
生理用品やおむつも見た目的には紙類に分類できそうですが、トイレ詰まりを解消する難易度は格段に跳ね上がります。
「たかがおむつや生理用品が詰まった程度…。」と侮ってはいけません。

生理用品やおむつの「吸水性」には要注意!

トイレットペーパーと生理用品やおむつの違うところは、吸水ポリマーが含まれている点です。
生理用品やおむつは、おしっこなどの水分を閉じ込める必要がありますよね。
そのために、「吸水ポリマー」という水を吸収する素材が含まれています。

この写真はおむつを水に漬ける前の写真と、漬けた後の膨らみ具合を比較した写真です。
水に漬けたものはかなり分厚くなっていることが、写真からも分かりますよね。

実際に使うときは、少量のおしっこを吸い込む程度なのでここまで膨らみませんが、もしトイレの中に落ちて流れていったら、簡単に詰まりの原因になってしまうでしょう。

お湯を注ぐ、時間を置くは通用しない!

トイレットペーパーなどの紙類が詰まったときには、次のようなわりと手軽な方法で詰まりを解消できます。

・時間を置いてほぐれやすくなるのを待つ
・湯を注いでほぐれやすくする
・重曹とクエン酸を流し込んで、泡の力でほぐれやすくする

これらの方法は、基本的に水の力を利用するので、水を吸ってしまう生理用品やおむつに対しては効果を発揮しません。
効果を発揮しないどころか、水分を含ませて余計に膨らませてしまい詰まりを悪化させる可能性もあるのです。

生理用品などの詰まりは、「水に漬けて時間を置いても解消しない」ということを覚えておきましょう。

注意点は「押し込まないこと!」

これから、生理用品やおむつが詰まったときの具体的な解消法を4つ紹介します。
これらの方法を実践する前に、どの方法にも共通する注意点があるので、頭に叩き込んでおきましょう。

注意点は「絶対に詰まっているものを奥に押し込まないこと!」です。
水に漬かっていればほぐれやすくなるトイレットペーパーなどが詰まりの原因であれば、便器の奥に押し込んでしまっても、時間とともにほぐれて詰まりが解消します。

しかし、水に溶けずにむしろ膨らんでしまう生理用品やおむつを奥に押し込んでしまうと、業者を呼んだときに本来よりも大変な作業になってしまう、費用も膨れ上がるかもしれません。

どんな方法でも、詰まりを便器の奥へと押し流そうとするのだけはやめましょう。

test

解消法①手で詰まりを引きずり戻す!

それでは、手軽な解消法から紹介していきましょう。
最初の方法は、便器の中に手を突っ込み詰まりの原因を引きずり出す方法です。

詰まりが手前なら、可能性はあり

普段はトイレの排水溝部分しか見えませんが、トイレの断面図は下の画像のようになっています。

断面図についてはTOTO アフターサポート 「トイレのしくみ」をご覧ください。
https://jp.toto.com/aftersupport/solution_t/shikumi.htm

便器にもいくつか種類がありますが、基本的には目に見える排水溝部分の先はこのようになっています。
中でも特に「せき」と呼ばれる急カーブしている部分が、詰まりやすい場所です。
可能性はあまり高くないですが、もし水に漬かった生理用品やおむつが膨らんでせきの手前部分で詰まったとなれば、手を突っ込むだけで詰まったものを引きずり出せる可能性があります。

ビニール手袋とペットボトルしゃくしで、いざ実践!

いつまでも便器の排水溝部分を眺めていても始まりません。
次のものを用意して、この方法を実践してみましょう。

・長めのビニール袋、もしくは二重、三重にしたビニール袋
・しゃくし
・バケツ

自分の手を汚さないためにもビニール手袋、もしくはビニール袋は必需品です。
それでもなるべくなら汚れた水に触れたくありませんよね。
しゃくしとバケツを用意して、便器の中の水をできるかぎり汲み出しましょう。

「便器の水をくむために普段から使っているしゃくしを使いたくない…。」という場合は、紙パックやペットボトルを下の画像のようにハサミでカットしましょう。

これで取っ手付きの簡易しゃくしの完成です。

できるだけ水を汲みだしたら、実際に便器の奥の方まで手を突っ込んでみましょう。
もしなにか指に触れるようなら、頑張って手前に引きずり出してください。
ただし、頑張りすぎて自分の手や手首を傷めないように注意してくださいね。

解消法②ハンガーブラシで詰まりを引きずり戻す!

いくら手が細く長い人でも、詰まりが起きやすい便器のせき部分までは届きません。
そこでハンガーブラシを利用して、もう少し奥の方まで詰まりを探ってみましょう。

ハンガーブラシの作り方

トイレの詰まりを解消するグッズに「ワイヤーブラシ」「ワイヤーパイプクリーナー」というものがあります。

こういったグッズですね。
ワイヤーの先端部分が螺旋状になっており、トイレの奥まで差し込んで詰まりの原因となっているものを崩したり、ひっかけて手前に引きずり出すようにして使います。
ただし、目に見えない部分にワイヤーをつっこまないといけないので、初心者には扱いが難しいです。
業者の人も便器を分解してから使うことがほとんどです。

「素人のあなたがわざわざ購入してまで試す必要はない。」ということです。
ただし、わざわざ購入しなくても家にあるワイヤーハンガーで似たようなものを作れるので、これならお金もかからないので試す価値はあります。

作り方は簡単で、ワイヤーハンガーを画像のようにほぐして先端をくるっと曲げておくだけです。

先端部分を完全な輪っかにすると、便器は傷つけずにすみます。
しかし、生理用品やナプキンを引きずり出すことを考えると、完全な輪っかではなくUの字にしたほうがひっかかりやすいでしょう。

ハンガーブラシのコツは、ひっかけるイメージ

用意したハンガーブラシを、実際に便器の奥へと入れてみましょう。
イメージとしては排水口の壁に沿わせてハンガーブラシを進ませて、詰まっている生理用品やオムツと壁の隙間にハンガーブラシを差し込む感じですね。
もし、ひっかかった感覚があればゆっくりと詰まりの原因を引き抜きましょう。

ハンガーブラシがぐねぐね動いて、思うように使えないときは、画像のようにビニール手袋をはめて排水溝部分でハンガーブラシを操作すると少し使いやすくなります。

詰まりの原因に触れた感覚があっても、絶対にガシガシつついてはいけません。
詰まりの原因がさらに奥にすすんで、状況が悪化します。
あくまでワイヤーハンガーの先端をひっかけて、手前に引きずり出すイメージで使いましょう。
この方法はプロでも難しいので、少しやって無理そうなら素直に諦めることも大切です。

「できれば専用に開発されたブラシも試してみたい!」という場合は、「ワイヤー式パイプクリーナーの使い方とは?トイレの詰まりを解消するコツ解説」を参考にしてください。

解消法③真空式パイプクリーナーで、詰まりを引きずり戻す!

真空式パイプクリーナーというグッズで詰まりを解消する方法もあります。
原理はラバーカップと似ていますが、生理用品やオムツが詰まりの原因ならこちらのほうがおすすめです。

ラバーカップより真空式パイプクリーナーをお勧めする理由

ラバーカップより真空式パイプクリーナーをおすすめするのは、真空式パイプクリーナーのほうが強い吸引力を簡単に生み出せるからです。
水にほぐれたトイレットペーパーの詰まりなら、ラバーカップ程度の吸引力でも解消できます。

しかし、生理用品やナプキンは排水口の奥でパンパンに膨らんで詰まっているうえに、水に漬かってもほぐれやすくなりません。
強力な吸引力が必要になるので、ラバーカップよりも真空式パイプクリーナーのほうがおすすめです。

「絶対にこれで解消できる!」という保証はありませんが、これからラバーカップを購入するなら真空式パイプクリーナーのほうが良いかもしれませんね。

真空式パイプクリーナーは、ハンドルを引くだけ

真空式パイプクリーナーの使い方は、排水溝部分にカップ部分を密着させてハンドルを引くだけです。
これで、強力な吸引力を生み出せます。

詳しい使い方は「トイレつまりを真空式パイプクリーナーで解消?正しい使い方とは?」を参考にしてください。

排水管に流れていっても問題がないトイレットペーパーなどの詰まりに使う場合は、カップ部分を押し付けたまあ、ハンドルを押したり引いたりして問題ありません。
しかし、今回は詰まっているものを奥へと流してはいけないので、ハンドルを奥まで押した状態でカップを密着させ、ハンドルを引きましょう。

繰り返し使う場合は、一度パイプクリーナーを外してハンドルを押した状態にしてから、密着させハンドルを引くようにしてくださいね。

解消法④手軽さを優先するなら、ラバーカップ!

上でも説明しましたが、生理用品やおむつの詰まりを解消するには強い吸引力が必要です。
ラバーカップよりも真空式パイプクリーナーをおすすめしますが、すでに手元にラバーカップがあるなら、注意事項守って使用しても良いでしょう。

絶対に押して使わないこと!

ラバーカップを使うときに、トイレにカップ部分を密着させたままで押して引いてを繰り返す人がいますが、今回は絶対にラバーカップを強く押してはいけません。
ラバーカップを密着させたら、柄の部分を排水溝部分にむかって「静かに」押し付けます。
静かに押し付ければ、異物が奥へと押し流される心配も少ないです。

これでカップの内部は真空状態になるので、柄を「グイッ!」と引けば水と一緒に異物も引き戻されるかもしれません。
「絶対に押して使わない」という点だけは、守って使ってくださいね。

詳しい使い方は「トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?」を参考にしてください。

使用時間は2~3分!

ラバーカップは長時間の使用はおすすめできません。
なぜなら、長い時間使い続けるとやけになったりめんどくさくなって、ラバーカップを思いっきり押し付けて使う危険もあるからです。

使用時間の目安は2~3分にして、連続で使いたいなら休憩を挟んで頭を冷静にしながら行いましょう。
ただし、もしあなたが知らない間に間違った使い方をしていれば、使えば使うほど詰まっている生理用品やおむつが奥へと流されていく危険もあります。

10分程度使ってもなんの変化もないようなら、この方法は諦めたほうが良いでしょう。

最後に

生理用品やおむつは水に漬かると膨らんでしまいます。
同じ紙類のトイレットペーパーやティッシュが詰まったときとは比べ物にならないくらい、自力で解消するのは難しくなります。
今回紹介した方法を試して改善の余地がないなら、今回は素直に業者に依頼したほうが良いでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?

トイレの詰まりは放置したら直る?時間はどのくらい放置するの?

トイレの便器に落とした物や固形物が詰まりの原因になった時の解消法とは?

トイレつまりを重曹とクエン酸やお酢で解消するコツとは?

流せるお掃除シートがトイレ詰まりの原因に?解消方法は何があるの?

ティッシュを流してトイレ詰まりになった場合の解消方法とは?