トイレの便器に落とした物や固形物が詰まりの原因になった時の解消法とは?

「便座に座りながらスマホをいじっていて、うっかり手を滑らせてしまった…。」

「ポケットに入れていたボールペンが知らぬ間に便器の中に…。」

あなたはこんな経験ありませんか?

もしかしたら、今まさにトイレに落とし物をして詰まらせてしまっているのかもしれませんね。
ここでは、トイレに落とした物、主に「固形物」が詰まりの原因になっている場合の解消法を紹介していきましょう。

トイレに詰まる固形物ってどんなもの?

そもそもトイレに詰まる固形物にはどのようなものがあるのでしょうか?
いくつか実際にトイレに詰まる固形物の例をあげてみましょう。

・携帯電話
・メガネ
・入れ歯
・子どものおもちゃ
・ライター
・タバコの箱
・ボールペン
・歯ブラシ
・ペットボトルのキャップ
など

このように、固形物と言っても種類は様々ありますが、いずれも「明らかにトイレに流してはいけない物」ですよね。
こういったものは固形物と判断して構わないので、これから紹介する解消法を参考にしてみてください。

ちなみに固形物以外にトイレットペーパーやティッシュ、おむつ、流せる掃除シートといった紙類が詰まりの原因になることもあります。
おむつや流せるお掃除シートは「固形物」と考える人もいるかもしれませんが、こういったものを詰まらせたときは以下の記事を参考にしてくださいね。

トイレットペーパーを詰まらせた場合

参照:トイレットペーパーを流しすぎた時のトイレ詰まりの解消はどうしたらいい?

ティッシュを詰まらせた場合

参照:ティッシュを流してトイレ詰まりになった場合の解消方法とは?

流せるお掃除シートを詰まらせた場合

参照:流せるお掃除シートがトイレ詰まりの原因になったときの解消法

おむつや生理用品を詰まらせた場合

参照:生理用品やおむつがトイレ詰まりの原因になったときの解消法

固形物が詰まった場合の大前提!奥には流さないこと!

トイレの詰まりを解消する方法はシンプルに水を流す方法、お湯や重曹などで詰まりの原因を溶かす方法、ラバーカップを使う方法など様々あります。
しかし、これらの方法はどれを試しても良いというわけではありません。

固形物は奥に流すほど危険!

トイレットペーパーやティッシュといった紙類は、水に長時間漬かることで自然とぼろぼろにほぐれます。
そのため、詰まった状態から奥の方へ流れていっても問題ありません。
しかし、固形物はどんなに水に漬かっていても溶けませんよね。
固形物がトイレに詰まったら、基本的には詰まりの原因を回収しないといけないわけです。

それなのに安易に水を流したり、ラバーカップで固形物を押し流してしまえば、回収は難しくなります。
当然、素人では回収不可能ですし、業者を呼んでも大がかかりな処置が必要になってしまいます。
今回紹介する方法以外にも、一般的なトイレの詰まりを解消する方法はいくつかありますが、「固形物を押し流してしまわないかどうか」という点に注目して、その方法を実践して問題ないのか判断すると良いでしょう。

解消法①トイレに手を突っ込む

ここから先は、固形物が詰まりの原因の場合の具体的な解消法を紹介していきます。
最初の方法は便器の中に手を突っ込み詰まりの原因を取り出すという原始的で、最も手軽な方法です。

固形物はどこに詰まる?

そもそもトイレに固形物が詰まる場合は、どこに詰まってしまうのでしょうか?

これは一般的なトイレの断面図です。
固形物に限らずトイレットペーパーやティッシュといった詰まりの原因となるものは、主に赤い部分、緑の部分に詰まりやすいといわれています。

すでに水を何度か流したのであれば、奥の緑色の部分、もしくはさらに奥の方に流れている可能性は高いですが、一度水を流した程度ならまだ赤色の手前部分で止まっているかもしれません。
このくらいの位置なら、便器に手を突っ込めば指が届くかもしれませんよね。

トイレに手を突っ込むときは、ゴム手袋を!

便器の中に手を突っ込むときは、ゴム手袋をはめましょう。
これは、当然衛生面の問題をクリアするためにも必要ですが、指先の感覚をなるべく失わないためにも必要です。
衛生面の問題をクリアするだけなら、穴の空いていないスーパーのビニール袋を何重にも重ねるだけで良いでしょう。

しかし、ビニール袋だと指先がごわごわしてしまい、自分が詰まった固形物に触れているかどうかわかりづらいのです。
最悪の場合、自分の手で固形物を押し込んでしまい、事態を悪化させる可能性もあります。
もったいない気もしますが、ゴム手袋を利用して慎重に便器の奥を探ってみましょう。
また、このとき便器の水量が多いままだとゴム手袋の口部分から水が侵入して、手袋をしている意味がなくなってしまいます。

便器の水位が多い場合は、いらないペットボトルや牛乳パックなどを利用して、写真のような簡易しゃくしを作りましょう。
これで、トイレの中の水を限りなく少なくできます。

この方法は手軽な分、詰まりを解消できる確率は低いです。
奥の方に固形物が移動していればどんなに頑張っても無理なので、指先になにか触れる感覚がないなら腕を怪我する前におとなしく諦めましょう。

解消法②業者を呼ぶ

手で探れる範囲に固形物が確認できないなら、素直に業者を呼んだほうが良いでしょう。
あなたが「業者以外に固形物の詰まりを解消する方法」を期待して、この記事を読んでいるのは重々承知しています。

しかし、重々承知していてもなお業者を呼ぶことをおすすめするくらい、固形物の詰まりを素人が解消するのは難しいことなのです。
先ほど紹介したトイレの断面図を思い出してください。
普段私たちが目にすることのない排水口の奥は、複雑に曲がりくねっていますよね。
そして、固形物の詰まりを解消するなら、固形物を押し流すのではなく「引きずり戻す」必要があります。

どうでしょう。あなたは目で確認できない位置にある固形物を、押し流さずに引きずり戻す方法を思いつきますか?
詰まりの原因がトイレットペーパーやティッシュといった紙類であれば、さまざまな方法を試しても良いのですが、今回ばかりはおとなしく業者に相談するのをおすすめします。

おすすめはしない解消法③パイプクリーナーで固形物を吸い戻す

そうはいっても、「業者を呼ぶ前になにか他にできないの?」とあなたはまだ考えているかもしれませんね。
ハッキリ言っておすすめはしない方法ですが、詰まりを解決できる「かもしれない」解消法がひとつあります。

パイプクリーナーなら詰まりを吸い戻せる可能性あり!

パイプクリーナーというのは、ラバーカップの進化版だと思ってください。
パイプクリーナーのカップ部分を排水口に密着させてハンドルを引くと、真空状態になっていた排水溝部分の水が吸い戻されて、詰まっているものが水と一緒に引き寄せられる可能性があるのです。

amazonで特に人気があるパイプクリーナーはこちら

ラバーカップよりもパイプクリーナーをおすすめする理由は?

パイプクリーナーの原理はラバーカップと変わりませんが、ラバーカップよりもパイプクリーナーをおすすめします。
その理由はふたつあります。

理由①パイプクリーナーのほうが吸引力が高いから

ラバーカップは柄の部分をグッと引くことで吸引する力を生み出します。
パイプクリーナーはハンドルを引くことで吸引する力を生み出します。
どちらがより高い吸引力を生み出せるかといったら、パイプクリーナーです。
吸引力が高ければ高いほど、詰まっている固形物を引寄させられる可能性も高まるのは分かりますよね。

理由②パイプクリーナーのほうが誤操作しにくいから

トイレの詰まりを解消する場合、ラバーカップもパイプクリーナーも吸引する力で詰まりを解消するものだと思っておいてください。
多くの人はラバーカップをぐいぐい押して使いますが、これだと詰まりの原因を奥へと流してしまうのでおすすめできません。

ラバーカップで吸引力を生み出す場合は、排水口にカップ部分を密着させて静かに柄の部分を一度押し込まなければいけません。
この押し込む動作のときに誤って強い水圧を生み出してしまい、詰まりの原因を奥に押し込んでしまうかもしれません。

パイプクリーナーもカップ部分を密着させるために多少は押し込む必要がありますが、ハンドルを引くだけで吸引力を生み出せるのでラバーカップと比べると、無闇に強い水圧を生み出す心配が少ないのです。

パイプクリーナーもほどほどに…

繰り返しになりますが、固形物の詰まりをパイプクリーナーで解消するのは正直おすすめできません。
試すなら自己責任でお願いします。
そして、もし試すなら長時間の使用はやめましょう。
あなたには見えない部分で、知らず知らずのうちに固形物が奥へと押し流されている可能性も否定できません。

2~3分程度使っても変化がないなら、諦めて業者を呼びましょう。
パイプクリーナーの使い方は、「トイレつまりを真空式パイプクリーナーで解消?正しい使い方とは?」を参考にしてください。

またパイプクリーナーに比べて誤操作のリスクが高いだけで、本人が細心の注意を払えばラバーカップでもパイプクリーナーと似た働きで詰まりを解消できるかもしれません。
パイプクリーナーよりもラバーカップを用意している家庭は多いでしょう。
ラバーカップの使い方は「トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?」を参考にしてください。

test

最後に

トイレの詰まりの原因となるものはさまざまですが、固形物は紙のように水によって溶けることはありえません。
そのため、詰まっている固形物を奥に流す可能性がある解消法を実践するのは危険です。
その結果、解消法はかなり限られてしまうので、積極的に業者の利用を検討したほうが良いでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?

NO IMAGE

嘔吐物や残飯がトイレ詰まりの原因になったときの解消法とは

トイレの詰まりを洗浄剤(パイプクリーナーなど)で解消するコツは?

流せるお掃除シートがトイレ詰まりの原因に?解消方法は何があるの?

ラバーカップの使い方のコツはある?洋式和式で違うの?

トイレの便器の水を流すとゴボゴボと音がするけど原因は?解消方法は?