トイレつまりを真空式パイプクリーナーで解消?正しい使い方とは?

あなたはトイレが詰まったら、どんな方法で詰まりを解消しようと考えますか?
定番は「ラバーカップ」を使う方法ですよね。

しかし、これからラバーカップを用意しようと考えているなら、ラバーカップの性能をアップしたアイテム「真空式パイプクリーナー」という選択肢を検討しても良いかもしれません。
ラバーカップに比べると知名度は低いですが、効果は絶大です。
今回はトイレの詰まりを真空式パイプクリーナーで解消する方法を紹介します。

以後は真空式パイプクリーナーを「パイプクリーナー」と呼ぶことにします。
ちなみに、パイプクリーナーと書くと、パイプの液体の洗浄剤を連想するかもしれませんがまったくの別物です。
また、パイプクリーナーには「ワイヤー式」もありますが、今回は「真空式」のパイプクリーナーについて書くので、その点も勘違いしないようにしてくださいね。

ワイヤー式のパイプクリーナーの使い方を知りたい場合は、15.ワイヤー式パイプクリーナーでトイレの詰まりを解消するコツは?【リンク】を参考にしてください。

パイプクリーナーの基本情報!

パイプクリーナーにもいくつか種類がありますが、ここではこちらの三栄水栓製作所が販売している「真空式パイプクリーナー」をメインに紹介していきます。

パイプクリーナーは、ラバーカップの効果が高められたものだと思っていただいて構いません。
トイレの詰まりを解消するなら、効果が高い方を選んだほうが良いに決まっています。
しかし、ラバーカップよりも極端に値段が高かったりすると、購入をためらってしまいますよね。

まずは、まだ知名度が高くない真空式パイプクリーナーの基本情報を簡単に紹介していきましょう。
この基本情報を読んで「買ってみても良いかも。」「使ってみても良いかも。」と思ったら、続きの正しい使い方を読み進めてください。

もし、「ラバーカップより値段が高いかも…。」「ラバーカップはもう家にあるからなぁ。」という場合は、もちろんラバーカップで詰まりを解消しても良いでしょう。
ラバーカップにも正しい使い方があるので、「トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?」を参考にしてみてくださいね。

パイプクリーナーの仕組み

パイプクリーナーは、先端のカップ部分をトイレの排水溝部分に密着させて使います。
すると、排水溝部分は真空状態になります。
この状態でポンプの上部についているハンドルを上下させると強力な吸引力や押し込む圧力が生み出されます。
この力を利用して、詰まりの原因を崩したり排水溝部分に引き戻したりして、トイレの詰まりを解消するわけですね。

ラバーカップとパイプクリーナーは、生み出せる吸引力と押し込める圧力の大きさに差があります。

画像を見ていただくと分かりますが、パイプクリーナーとラバーカップでは吸引力や押し込む圧力を生み出すために動かせる範囲が異なります。
当然、動かせる範囲が大きいパイプクリーナーのほうが大きな力を生み出せます。

その分、詰まりを解消できる可能性も大きくなるわけですね。

パイプクリーナーの値段は?

ラバーカップよりも詰まりを解消できる可能性が高いのなら積極的に利用したいところですが、お値段は気になりますよね。

今回紹介する真空式パイプクリーナーは、Amazonで2000~2500円程度ですが、これとは別のメーカーが製造しているものをホームセンターで600~800円程度の値段で確認できました。

一方、ラバーカップは500~800円くらいが値段の相場といえるでしょう。
Amazon内でも評価が高い三栄水栓製作所が販売している真空式パイプクリーナーを基準にして考えると、真空式パイプクリーナーはラバーカップの3~5倍程度の値段と思っておくと良さそうですね。

「できることはラバーカップと変わらないが、力は格段に上」という特徴を持った真空式パイプクリーナーに、2000~2500円程度の値段を払う気になるかどうかは人それぞれですが、十分それだけの値段に見合う価値がある商品だといえます。

実際に使った人の中には、「ラバーカップでは無理だったが、パイプクリーナーなら解消できた。」という声も多いですからね。

パイプクリーナーで対応できる詰まりの原因は?

トイレの詰まりの原因はさまざまですが、残念ながら「パイプクリーナーならすべての詰まりの原因に完璧に対応できる!」というわけではありません。

対応可能な原因…流しても問題ない紙類

トイレの詰まりの原因として真っ先に思い浮かぶのが、大量に流されたトイレットペーパーですよね。
また、本来はトイレに流してはいけないティッシュが詰まることもあります。
トイレットペーパー、ティッシュ、流せるお掃除シートといった紙類は、時間がたつと水にふやけてほぐれやすくなるので、排水管の奥へと流しても問題ありません。

パイプクリーナーの吸引力と押し込む力を使えば、水に漬かってほぐれやすくなった紙類の詰まりの壁は簡単に崩れ去り、あっという間に詰まりを解消できます。

「気をつけつつ」対応してほしい原因①…おむつ、生理用品、流せるペットシート

トイレの詰まりの原因の中には、「パイプクリーナーで解消できる可能性があるが、使用の際には操作に気をつける必要があるもの」もあります。
それが、おむつ、生理用品、流せるペットシートといったものです。

これらは「吸水ポリマー」を含んでいるため、水につかるとパンパンにふくれあがり、水の流れをせきとめてしまいます。
パイプクリーナーを使って吸引力を生み出して、詰まっているおむつなどを引き寄せるのは良いです。
しかし、おむつなどは水に漬かってもほぐれにくいので、パイプクリーナーの押し込む力を使ってしまうと、形を保ったままどんどん排水管の奥へと流れてしまうのです。

そうなれば、もう素人の力ではどうにもできず、業者の力に頼るしかありません。
さらに、奥に流れれば流れるほど、業者でも詰まりの原因を取り除きづらくなり、高額な費用がかかる可能性が高くなるのです。

おむつなどの詰まりに対しては、パイプクリーナーの「吸引力」だけを利用するように気をつける必要があるわけですね。

「気をつけつつ」対応してほしい原因②…嘔吐物や残飯

嘔吐物や残飯も、できるだけパイプクリーナーの吸引力だけを使うように気をつけながら対応したい詰まりの原因です。
突然の吐き気を我慢できずトイレに吐いたり、後始末が面倒で残飯をトイレに流してしまうこともあるかもしれませんね。

こういった嘔吐物や残飯、要するに食べ物は、何度も流していると油分などが固まって取り除きづらい詰まりの原因となってしまいます。
そのため、排水管の奥の方に流すのではなく、便器側に詰まっている食べ物を引き戻して、なるべくすくい出すようにしたほうが良いのです。

「突然やってきた吐き気を我慢できず、トイレに吐いてしまった。」 「残飯処理が面倒で、食べ物をトイレに流してしまった。」 その直後にト...

「気をつけつつ」対応してほしい原因③…固形物

スマホ、ボールペン、ライター、子どものおもちゃ…。
あきらかにトイレに流してはいけない固形物が、詰まりの原因となることもありますよね。
こういった固形物は水の中に数カ月、数年漬かっていても、紙のように自然にほぐれてくれることは絶対にありません。
詰まってしまったら、絶対に取り除く必要があるのです。

おむつの部分でも話したように、絶対に取り除かないといけないものをパイプクリーナーの押し込む力で奥へと流してしまうと、最終的には業者に依頼し高額な費用が必要になってしまいます。
絶対に水に溶けることのない固形物は、特に注意しながらパイプクリーナーの吸引力だけを使って、詰まっているものを便器側に引き寄せないといけないわけです。

自信がないのであれば、パイプクリーナーを使わずに黙って業者に依頼したほうが良いかもしれません。
そのくらい固形物が詰まった場合には、細心の注意をはらわなければいけないことを頭に入れておきましょう。

このように詰まりの原因によっては、注意しながらパイプクリーナーを使わないといけませんが、これはラバーカップも一緒です。
ラバーカップよりもパイプクリーナーのほうが対応できる詰まりの原因が少ないわけではないので、安心してくださいね。

実践!パイプクリーナーの正しい使い方

基本情報を読んで「パイプクリーナーを使ってみるか!」と思った方は、ここから紹介するパイプクリーナーの正しい使い方にも目を通してくださいね。
それでは、具体的な使い方を説明していきましょう。

パイプクリーナーを使うために用意するもの

パイプクリーナーさえあれば詰まりに対処できますが、パイプクリーナーの効果を最大限発揮するための最適な環境づくり、水ハネの防止などのことを考えて、次のものも用意しましょう。

・新聞紙…トイレの床に敷くためのもの
・ビニール袋…便器にかぶせて、水ハネを防ぐため
・ゴム手袋…手に汚水が付かないようにするため
・バケツ…便器内の水をくみ取ったり、足したりするため
・マイナスドライバー…止水栓を閉めるため
・ペットボトルしゃくし…便器内の水をくみ取るため

ペットボトルしゃくしとは、ペットボトルを画像のように切り取ったものです。
トイレの汚水をくみとるために使えるしゃくしを用意している家はまずないでしょう。
ペットボトルしゃくしなら、使った後はゴミに捨てればよいだけなので、気兼ねなく便器内の水の水量調整に使えます。

パイプクリーナーの正しい手順

道具がそろったら、実際に次の手順でパイプクリーナーを使っていきます。

1.ゴム手袋をはめ、床に新聞紙を敷き詰める

自分の手とトイレの床が汚れるのを防ぐために、ゴム手袋を着用し床には新聞紙を敷きつめておきます。

2.マイナスドライバーで、止水栓を閉める

止水栓を閉めないまま作業をすると、うっかりレバーに触れてしまったときに水が流れ、便器から水が溢れる危険もあります。

画像のような位置にある止水栓を、マイナスドライバーで右に回すと止水栓が閉まります。
ただし、止水栓はめったに回すことがないため、ドライバーでは回せないほど硬くなっていることもあります。

この場合は無理せず、戸建住宅なら宅地内の地面に、集合住宅なら玄関横に設置してある元栓を閉めましょう。

また、便器によっては止水栓の位置が異なるため、もし見当たらないという場合はこちらのページを参考にしてみてください。

TOTO アフターサポート「止水栓の閉め方と調整方法」https://jp.toto.com/aftersupport/solution_t/shisuisen.htm

3.パイプクリーナーを排水口にハメて、密着具合と水量を確認

パイプクリーナーの先端のカップに収納されている筒のような部分を出します。
次にカップ部分を一度トイレの排水口部分にハメてみます。
このとき、カップ部分が排水口にしっかりと密着するようなら次の手順にすすんでかまいません。
もし、この時点で便器から溢れそうなくらい水が多いなら、ペットボトルしゃくしを使って、ある程度水を減らしておきましょう。
そうしないと、パイプクリーナーを使ったときに大量に水がハネてしまいます。

もし、カップ部分が密着しないのであれば、カップ部分を覆えるくらいの水量になるように調節します。

水量を調節しないと、吸引力や押し込む力を発揮できないので注意しましょう。

4.ビニール袋で水ハネを防止

強力な吸引力や押し込む力を生み出せるパイプクリーナーは、その分水ハネもしやすいです。
床に新聞紙を敷いてはいますが、自分の体に水がハネるのは嫌ですよね。
画像のように便器を覆えるくらいの大きさのビニール袋の真ん中に穴を開けて、パイプクリーナーの上からかぶせましょう。

5.ハンドルを押し込んだ状態で、カップ部分をグッと密着させる

いよいよパイプクリーナーを使って、詰まりを解消していきます。

※わかりやすいように、ビニール袋は外しています。

まず、パイプクリーナーのハンドルを押し込んだ状態のままで、排水口にカップ部分をハメて、グッと押し込みます。
これで、カップ部分が密着して、強い力を生み出すための下準備が完了です。

6.ハンドル部分を引く

カップ部分を排水口に密着させた状態で、ハンドルを引きます。
しっかりと密着できていれば、ハンドルを引くときに手応えがあります。
特に手応えがないようなら密着できていなかった可能性があるので、一度カップを外しハンドルを押し込みます。そして、もう一度カップ部分を密着させて、ハンドルを引きましょう。

これを繰り返すことで、うまくいけば詰まりを解消できます。

詰まりの原因が排水管の奥へと流れても問題ないトイレットペーパーやティッシュなら、ハンドルを引いた後にその都度「カップを外してから」ハンドルを戻さなくても、カップを密着させた状態でハンドルを押したり引いたりしてもかまいません。

しかし、詰まりの原因が、排水管の奥へと流れるとまずい固形物、おむつや生理用品といったものだと、カップを密着させたままハンドルを押すと「押し込む力」が働き、詰まっているものがどんどん奥へと押し込まれてしまい事態が悪化します。

詰まっている部分が目では確認できない以上、あなたが「詰まっているのはトイレットペーパーだな。」と想像していても、「実は知らない間にポケットから落ちていたたボールペンが原因だった。」という可能性も否定できませんよね。

そのため、パイプクリーナーを使うときは用心して「ハンドルを引いたら、カップを排水口から外した状態でハンドルを押し込み、カップを密着させて再度ハンドルを引く」という動きを繰り返すようにしましょう。

これなら「吸引力」だけ生まれて「押し込む力」は生み出されないので、詰まりの原因が排水口に引き寄せられることはあっても、奥の方へと押し込まれていく心配はありません。

7.排水口に詰まりの原因が確認できたら、取り出す

パイプクリーナーで吸引を繰り返していると、詰まりの原因が排水口部分まで引き寄せられてくることがあります。
詰まっていたものの姿が少しでも確認できたら、手で掴んで取り出しましょう。

8.変化が確認できたら、バケツで水を流して水位の変化を確認

パイプクリーナーを使ううちに、詰まっていたものが排水口まで戻ってきた、水位が減ったというようななにかしらの変化が確認できたら、一度バケツで水を便器の中に注いでみましょう。
普段トイレで水を流したときと同じように水位がスッとひくなら、詰まりは解消できています。

ゆっくり水位が減るならまだ完全には詰まりがとれていないので、もう少しパイプクリーナーの使用を続けてみましょう。

まったく水位に変化がないなら、詰まりが微動だにしていないということです。
この場合は業者の利用を検討したほうが良いでしょう。

9.止水栓を閉め、新聞紙やビニール袋を片付けて作業終了

詰まりが解消されたのを確認できたら、止水栓を左に回して開き、床の新聞紙やビニール袋を処理して作業は終了です。
念の為、最後にタンクのレバーを引いて、いつもどおり水が流れるか確認しましょう。

test

最後に

ラバーカップは吸引力を生み出し、さまざまな詰まりを解消できるポテンシャルを秘めていますが、さらにその上をいくのが真空式パイプクリーナーです。
値段もラバーカップの3~5倍程度と手が届かないほど高いわけではないので、十分検討する価値はあるでしょう。

「ラバーカップを使ってダメだったけど、どうしても業者に頼まず詰まりを解消したい!」「これからラバーカップを用意するところだったけど、せっかくならより高い効果を発揮できるアイテムのほうが良い!」という人には、真空式パイプクリーナーを強くおすすめします。

今回使用した真空パイプクリーナーはこちらになります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

嘔吐物や残飯がトイレ詰まりの原因になったときの解消法とは

トイレの便器に落とした物や固形物が詰まりの原因になった時の解消法とは?

トイレの詰まりを洗浄剤(パイプクリーナーなど)で解消するコツは?

水を流すだけで解消?トイレの詰まりをバケツで直す方法は?

流せるお掃除シートがトイレ詰まりの原因に?解消方法は何があるの?

ティッシュを流してトイレ詰まりになった場合の解消方法とは?