トイレの便器と床の隙間から水漏れする原因は何?修理料金はどのくらいかかる?

 

あなたは、日頃生活していく中で、水回りのトラブルに頭を抱えたことはありませんか?

特に、トイレの水漏れは原因が分からず、そのまま放置しておけば、カビが生えたり、水が溢れてきたりと本当に悩みもの…

そこで、本記事では、特に、便器と床の間から水漏れしてしまう理由・原因を紹介しつつ、

・自分で対処する方法があるのか?
・修理を依頼したときの相場額はいくら?

といった2つの疑問にお答えする形で、ご紹介したいと思います。

トイレの便器と床の隙間から水漏れするのは何故?

日常生活における水回りのトラブルでよく耳にするのが、水漏れによるトラブルです。

特にトイレの水漏れは非常に多く、結露やタンク周りの排水管の緩みなど、あらゆる理由で水漏れが発生しているのだとか…

一部限定で水漏れする程度ならまだしも、次第に溢れ、廊下やリビングまでにまで被害が及んでいくとなれば、もはや洪水レベルとさえ言っても大げさではありませんよね。

実際に、賃貸マンションなどでは、下の階の住民にまで水漏れ被害が及び、大きなトラブルとなる場合もあり、それだけ住民たちの頭を悩ませているわけです。

中でも、トイレの床と便器の隙間から溢れる水漏れは、原因が分からずどのように対処していいか困惑している人も少なくないそうです。

では、一体、何故このような水漏れが起こってしまうのでしょうか?

水漏れの原因は明確!!

主に考えられる理由は一つ。

便器と排水管の接合部分の劣化が主な理由です。

元々、この接合部分に使用しているボルトやパッキンというのは、7年~10年で寿命が来るような部品なので、長く使用しているだけでも故障することがあります。

特に賃貸集合住宅の場合、入居のタイミング次第では、寿命間近だったなんて可能性も十分考えられます。

こればかりは、どうすることも出来ないので、速やかに管理会社に連絡しましょう。

また戸建住宅においては、水回りの専門業者に相談するのが妥当な判断と言えるでしょうね。

水漏れの際の応急処置は必須

ただ、水漏れをそのまま放置することは好ましくありませんので、業者が来るまでの間の応急処置として、止水栓は止めておいてください。

止水栓とは、トイレの水回りにおける排水管へ水を供給するための元栓で、これを止めないことには、どんどん水があふれる状況に陥ってしまいます。

タンクの左側(トイレの形状にもよりますが…)にだいたいありますので、マイナスドライバーなどを使い右に回し止水栓を止めておくことを忘れないでくださいね。

自力で修理は難しいまでも、水漏れの原因ははっきりしていますので、落ち着いて冷静に対処するように心がけましょうね。

便器と床の間からの水漏れは自分で修復可能?

基本的に結露が伝って水漏れしている場合や、タンクと排水管の接合部の緩みや破損による水漏れなら、自分で修復は可能です。

しかし、便器と床の間からの水漏れは自分で修復不可能です。

自力で修復させるのは実質不可能…

その理由は、便器を一度取り外す必要があるからです。

意図的に便器を破損・ひび割れさせ、交換が必要な場合はもちろん、便器内部にあるパッキンを交換する際も便器を取り外さなければならなくなります。

便器を取り外してつけ直すという工程だけを考えれば、決して難しくないと思われがちですが、そもそも便器を持ち上げるだけでも重労働…

一つ間違えばぎっくり腰になり、修理は愚か身動きすらできなくなってしまう恐れもあるので非常に危険です。

さらに言えば、便器と排水管をつなぐボルトやパッキンを買いに行き、全てつけ直さなければならないとなると、結構面倒なことになりかねません。

そもそも、最初からトイレが設置されていて、排水管と便器をつなぐパッキンを見たこともない人が、いきなりどのパッキンが適合しているか見分けることが可能なのか?

そう考えると、やはり専門業者に任せたほうが無難と考えるべきです。

自力で修理を試みて状況を悪化させる場合も…

また、集合住宅の場合などは、一度でも下手に触って状況を悪化させた場合、その時点で、弁償責任が発生してしまいます。

本来ならば、管理会社に連絡して無料で直してもらえるかもしれないのに、それを便器代も含めて全て弁償となると、リスクが大きすぎます。

確かに自己による修理が絶対に不可能とは言いません。

ただ、よほどDIYの経験があり、重労働にも絶えられた上、どこでボルトやパッキンを購入すれば良いのか知り尽くしている人でなければ、修復は不可能と考えましょう。

業者に修理を依頼した場合の費用の相場

さて、基本的には、トイレの便器と床の隙間からの水漏れに関しては、よほどの経験や技術・体力がない限り、まず自分で修理不可能で、業者に依頼するのが妥当な判断です。

ただ、業者に修理を依頼するとしても、一体いくらかかるのかすごく不安ですよね。

トイレの水漏れ修理おすすめ4業者の料金比較

そこで、実際に4つの専門業者の価格を比較してみました。

それがこちらの表です

業者名料金(備考)
水の救急隊5000円~(詳細は見積もり次第…)
水道屋本舗8000円(排水フランジ(排水管との接合部分)の交換のみの場合)
クラシアン8000円から(詳細は見積もり次第…)
イースマイル8000円+部品代

以上が、主な有名業者の価格となっていますが、はっきり言って具体的な価格が打ち出されているわけではなく、見積もりを獲らないことにはわからないというのが正直なところです。

ただ、実際に床下からの水漏れでTOTOに修理を依頼した人の話によると、タンク裏の修理も含めて約15,000円ということだったので、そこまで負担額は大きくないと思いますよ。

賃貸マンションの場合は無料で修理してくれる場合も…

また、賃貸マンション(集合住宅)の場合、管理会社に連絡すると、無料で修理してくれる場合が結構あります。

先程もお話したように、便器と排水管をつなぐボルト・パッキンまで交換しておらず、入居した時点で、実は古かったというケースもあるので、大抵は無料で交換してくれるはずです。

当然、意図的に破損させてしまった場合(自分で修理しようとした場合も含めて…)は全て自費での弁償となりますので、そこは注意が必要です。

集合住宅なら、まずは管理会社に連絡しましょう。

見積もり・点検までなら無料の業者も多い

一方一戸建て住宅にお住まいの方なら、今回ご紹介した業者も含めて、2~3社ほど見積もりしてみるのがお得です。

ちなみに、先程ご紹介した専門業者の内、水の救急隊、クラシアン、イースマイルは見積もり点検までは一切無料で行ってくれます。

一方、水道屋本舗のみ30分以上の点検・見積もりで、3000円発生する場合がある(ただし料金発生の場合は事前に連絡はしてくれます)ので注意は必要です。

いずれにしても、見積もりまでの話なので、作業に入ってからは、当然料金は発生します。

あくまで他社と比較検討して、少しでもオトクな業者に依頼することをおすすめします。

test

まとめ

トイレの便器と床の隙間からの水漏れといっても、タンクと排水管の接合部の水漏れや、結露などによる水漏れが、床につたってきた場合なら簡単に修復可能です。

しかし、実際に、便器と床の隙間から水漏れしている場合は、便器の破損か業者の設置ミスが無い限り、便器と排水管のボルトやパッキンの摩耗・劣化が原因です。

便器を一旦取り外さないと、部品の交換も不可能であるため、自力で修理するのは困難…

価格は8000円プラス部品代(厳密には見積もり化価格)しますが、業者に頼むしかほぼ選択肢はありません。

トイレが水浸しになる前に早目に修理業者に依頼することをおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

トイレのロータンクレバーから水漏れする原因は何?修理方法はどうしたらいいの?