ラバーカップの使い方のコツはある?洋式和式で違うの?

主に、トイレの詰まりを直すためのラバーカップ(すっぽん)。

しかし、その使い方のコツを知らずに、うまく詰まりを改善させられず、頭を抱えている人は多いそうですね。

また、中には、ラバーカップの使い方が悪く、排水管を傷つけ漏水させてしまうのではと不安を抱いている人もいらっしゃるみたい

このように、ラバーカップ一つにおいても悩んでいる人は非常に多いのです。

そこで、ラバーカップの使い方で悩む人達に、様式・和式それぞれのケースにおいての使い方のコツや、漏水が起きるとまで言われる理由をご紹介します。

ラバーカップに対する悩み

普段何気なく使っているトイレで急に詰まりが発生した時、みなさんならどう解決されますか?

大抵の方は、ラバーカップ(すっぽん)を使い、詰まりを改善させようと動くはず…

もちろん、それで何気なく直れば問題は無いのですが、うまく詰まりを解消でき無かった場合、どうして良いか分からずパニックに陥ってしまうことも…

ラバーカップの使い方を知らないから悩みが生まれる?

そのため、意味もわからず、無理やりラバーカップを押し込み、詰まりを改善しようとするも全く完全出来ないなんてこともあるでしょう。

さらに、最悪な場合、強引になんとか改善させようとして、何故か水を流そうとしてしまい、逆に詰まりが悪化して汚水が溢れかえりそうになるなんて話もあるそうですよ。

まぁ、ラバーカップの使い方のコツを知らずに闇雲に使っていたら、そのような状況に陥るのも無理はありません。

そもそも、普段使うような状況があまり起きないため、知らないでスルーされていることが、このような状況を生み出す大きな要因でもあるのでしょう。

そして、多くの人たちが、いざトイレの詰まりが発生したときに、ラバーカップの使い方・コツを把握しておらず悩み苦しんでしまうのです

なので、まずは、あなただけが悩んでいる問題ではないということを知り、あまり深く悩みすぎないようにしてくださいね。

ラバーカップには種類がある

皆さんは、ラバーカップ(すっぽん)というと、棒の先に半球状のラバー(ゴム製)のカップがついたものを指していることと思います。

確かにそれもラバーカップですが、ある理由から、他にもいくつか形状の違うラバーカップが存在していることを覚えてください。

洋式・和式トイレそれぞれに適したラバーカップがある?

というのも、特に洋式トイレの場合、排水口が和式トイレよりも狭いために、よりフィットさせ吸引しやすくさせるために、形状を少し変えています。

洋式トイレに使うラバーカップでは、半球状のカップ先に突起している部分をくっつけています。

一方、和式トイレ用として、半球状のカップ部分が、楕円上に広がったものも存在しています。

このようにトイレの形状ごとに、ラバーカップの形状が変わっているということも、より効果的に詰まりを直す一つのヒントとして覚えておきましょう。

ラバーカップの使い方・コツ

さて、ここからは、ラバーカップの使い方・コツを、順を追ってご紹介していきます。

洋式トイレでのラバーカップの使い方

まず、こちらの動画を御覧ください。

この動画にあるように、これ以上、詰まりを悪化させず、水が溢れてこないように、止水栓(タンクの左側あたりにある元栓)を止め、タンクの水も吸い上げる必要があります。

止水栓の止め方

止水栓を止めるには、止水栓の形状にもよりますが、マイナスドライバーで止水栓を右に回し(ハンドル式の場合はそのまま右に回すだけでOK)、水が流れないようにします。

これだけで排水管から水が流れてこなくなりますので、状況を悪化させないために必ず行いましょう。

タンクの水の抜き取り方。

タンクの水を抜き取るには、バケツと給水ポンプが必要です。

バケツも給水ポンプも100均ショップで手に入るので、予め準備しておきましょうね。

バケツと給水ポンプが準備できれば、タンク内に給水ポンプの給水口を入れ、もう一方のホースをバケツに入れて、そのままポンプを使って水をバケツに移しましょう。

ここまで行うことで、二次災害などは起きにくくなるので、まず前準備として行いましょうね。

便器内の水の量の調整

次に便器内の水の量をうまく調整して上げる必要があります。

あまりにも水が多いと、ラバーカップを使った際に、汚水が溢れてくる可能性がありますし、逆に水が少なすぎる場合は、ラバーカップ内に空気が入りやすくなりうまく使えません。

よりカップ内の空気が抜けるようにするために、多少水を張った状態での作業が求められるので、便器内の水が多い場合は、給水ポンプを使って水を抜いてあげましょう。

また逆の場合は、バケツに移した水を少し便器に移してあげてください。

理想的な水分量としては、ラバーカップが隠れるくらい(形状にもよりますが、大体3分の1くらい)が理想です。

ラバーカップの使い方

ここまで準備ができれば、あとはラバーカップを使い詰まりを解消させるだけです。

基本的には、映像にもあるように、ラバーカップにビニール袋(できれば大きめなもの)の中央に穴を開けかぶせて、排水口にフィットさせるようにカップ部分をあてがいます。

ちなみに、ビニール袋をかぶせる理由は、ラバーカップ使用時に汚水が飛び散らないようにするためですので、一つのコツとして覚えておきましょう。

ここまで来たら、あとは静かにラバーカップを押し込み、一気に引き上げてあげるだけでOK。

何度か排水口にラバーカップを

・あてがう
・押し込む
・引き抜く

の3つの作業を繰り返し、水位が下がってきたらつまり解消の合図です。

改めて、バケツ内の水を便器に移し、水が流れるかどうか調べてみましょう。

無事水が流れれば、詰まりは解消です。

ここまでが基本的な洋式トイレでのラバーカップでの使い方です。

洋式トイレのラバーカップの使い方のコツ・ポイント

大きなポイント・コツとしては、

・止水栓を止めタンクの水を抜いておくこと
・便器内の水を調整しておくこと
・ラバーカップに余分な空気が入らないように、排水口にフィットさせて使うこと
・ラバーカップを引く際は勢いよく引いてあげること

以上4点に心がけることが、最大のコツ・ポイントです。

もちろん、症状にもよりけりですが、この4点だけ気をつけラバーカップを使用するだけでも、闇雲に使うより効果的に詰まりを解消できますので、ぜひ、一つのヒントとして試してみてくださいね。

ラバーカップ使用時の注意点

なお、ラバーカップは、押して使うものではなく、引いて使うものです。

あくまで押し込むのは、ラバーカップ内の空気を抜くためだけのものなので、そこだけは間違わないように心がけ、引き込むときに勢いよく引くように心がけてくださいね。

和式用トイレのラバーカップの使用法・コツ

基本的に、ラバーズカップの使用に、和式トイレも洋式トイレもさほど違いはありません。

もちろん、いくつか違いは存在していますが、そこさえ把握しておけば、あとは、さきほどご紹介した使用方法で、十分対応できます。

なので、そんなに難しく考える必要は全くありません。

洋式トイレとの違いはどこ?

では、洋式トイレと和式トイレとでは、ラバーカップの使い方にどのような違いがあるのでしょうか?

大きなコツ・ポイントは、

・便器内にためておく水の量が異なる
・ラバーカップを一般的なものに持ち替える。
・洋式トイレ以上に、水の飛び散り対策をすること。

以上の3つだけに注意すれれば問題ありません。

洋式トイレと圧倒的に違うのが、形状による違いです。

特に洋式トイレと和式トイレの形状が違うので注意は必要!!

和式トイレは、縦長の構造上、浅く広くといった形状になっているので、どうしても水が溜まりにくく、また排水口が広く水が流れやすい構造になっています。

そのため、一般的な間口の広いラバーズカップを使うのですが、水が溜まった中で使用すると、一気に飛び跳ねてしまうなんてことも多々あります。

そういった汚水の飛び散りを防ぐ意味でも、ビニール袋をかぶせるだけではなく、床にも雑巾などを敷き詰めて、水の飛び散り対策を施してから、ラバーズカップを使用したほうが良いかもしれませんね。

ためておく水分量も洋式トイレとは違う!!

また、和式トイレの場合は、今お話したように、排水口は洋式トイレよりも広く、全体的な深さは洋式よりも浅く、水が溢れやすくなっています。

※どれだけの量で水が溢れるか、参考程度にこちらの動画も御覧ください。

なので、ラバーカップが隠れる程度(排水口付近に水があれば十分)に調整してあげる必要があります。

間違っても洋式トイレのときと同じように、3分の1の水量をためてしまうと、汚水が水はねしてしまうので注意しましょう。

これくらい気をつけて、ラバーズカップを使用すれば、大抵の詰まりは改善できますので、一度試してみてくださいね。

トイレ詰まりの原因

最後に参考程度に、トイレの詰まりの原因として考えられる要因を挙げておきます。

基本的に洋式も和式も原因そのものが異なるということはありません。

・トイレットペーパーを大量に流そうとしてしまった場合
・誤って異物を流してしまい、つまらせてしまうケース

以上2ついずれかと考えて間違いないでしょう。

その他の要因はあくまで例外的なもの

もちろん、その他にも排水管そのものが異物によって塞がれてしまっている場合も考えられますが、その可能性は極めて低いです。

例えば、外にある排水管が、大雨洪水の影響で、塞がれる(流木などで…)可能性がそれに当たるかと思いますが、しょっちゅうそんな事が起こったら、怖いですからね…

あくまで、異物混入及びトイレットペーパーを大量に流そうとしてしまった場合が主な原因と考え、適切な方法で、トイレのつまりを解消しましょうね。

test

まとめ

トイレの詰まりを直すために使うラバーカップ(すっぽん)ですが、

・形状に合わせたラバーカップを使うこと
・これ以上水が溢れないように、止水栓(元栓)を締めて、タンクの水も抜いておくこと。
・ラバーズカップは押すのではなく引いて使うこと
・ビニールをかぶせるなど水が飛び散らないで済むような対策を講じること

以上の4点をしっかり守れば、ほぼ大差なく同じやり方で、詰まりを直すことは可能です。

ただし、明らかに異物を便器に落としてつまらせてしまった場合など、業者を呼ばなければ直せない場合もあります。

あくまでラバーズカップを使って詰まりを直すのは、自力で詰まりを直す一つの方法に過ぎないことを忘れないでくださいね。

あなたはトイレの詰まりを解消するとき、ラバーカップで詰まったものをぐいぐい押し流そうとしていませんか? もしそうなら、あなたのラバーカップの使...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?

水を流すだけで解消?トイレの詰まりをバケツで直す方法は?

流せるお掃除シートがトイレ詰まりの原因に?解消方法は何があるの?

トイレつまりを真空式パイプクリーナーで解消?正しい使い方とは?

トイレの詰まりを洗浄剤(パイプクリーナーなど)で解消するコツは?

トイレの詰まりはお湯で溶かすことで解決?やり方はどうするの?