ワイヤー式パイプクリーナーの使い方とは?トイレの詰まりを解消するコツ解説

「お湯も重曹もラバーカップも試したのに、全部ダメ…。」

「他にトイレの詰まりを解消できるものってないの?」

あなたは今、トイレの詰まりにだいぶお困りではないですか?
トイレが詰まりを解消したいなら業者を呼ぶのが確実ですが、痛い出費になるのも確実です。
できることなら、自分で詰まりを解消したいですよね。

トイレの詰まりを自力で解決する方法としては、ラバーカップや重曹、お湯などがありますが、もし他の方法を探しているなら「ワイヤー式パイプクリーナー」はいかがですか?
ワイヤー式パイプクリーナーは、他の方法と比べて知名度は低いですが、詰まりの原因を引きずり出してあなたのトイレを元通りにできる可能性を秘めています。

ここでは、ワイヤー式パイプクリーナーの使い方やコツだけでなく、解消できる詰まりの原因についても説明していくので、購入を検討する場合の参考にしてみてくださいね。

もくじ

ワイヤー式パイプクリーナーとは?

それでは、あまりきき慣れないワイヤー式パイプクリーナーをサクッと紹介していきましょう。

ワイヤー式パイプクリーナーの特徴は、ワイヤーと螺旋!

こちらは三栄水栓製作所が製造しているワイヤー式パイプクリーナーです。

ワイヤー式パイプクリーナーは他の会社からも販売されていますが、基本的な構造は同じだと思ってもらって構いません。

特徴は螺旋状になっている先端のブラシと、縦横無尽に折れ曲がるワイヤーですね。

先端部分をトイレの排水口に入れて、詰まりの原因となっている物体に物理的に力を加えて詰まりを解消します。
ワイヤーがある程度曲がるようにできているので、入り組んだトイレの排水口の先にもグイグイ先端部分を押し込めるのです。

螺旋状の先端がもたらす効果!

ワイヤー式パイプクリーナーは、「詰まりの壁を崩す」「詰まりの原因を引きずり出す」という2種類の効果で詰まりを解消できます。
それを実現しているのが、螺旋状になった先端部分なのです。

詰まりの壁を崩す仕組み

例えば、大量のトイレットペーパーが詰まったとします。
このとき、排水口の内部ではトイレットペーパーが壁のようになって、水の流れをせきとめているわけですね。

そこに螺旋状の先端部分を何度も突き刺せば、詰まりの壁は少しずつ崩れていきます。
また、ワイヤーのグリップを持って回転させると先端部分も回転して、先の尖った部分が詰まりの壁にのめり込んでいきます。

詰まりの原因を引きずり出す仕組み

詰まりの原因の中には、トイレの奥に流してはいけないおむつや生理用品、流したくない固形物などがありますよね。
こういったものは、詰まったものを排水口部分に引きずりだしたいですよね。

ワイヤー式パイプクリーナーの先端部分は細いワイヤーでできています。
さらに、グリップ部分を回転させると先端部分も連動して回転します。

そのため、詰まりの原因にぶつかったところでグリップ部分を回転させると、先端部分のワイヤーが詰まっている物体にグッとひっかかってくれるのです。
その状態でワイヤーを引き戻せば、先端部分にひっかかった詰まりの原因を取り出せるわけです。

ワイヤー式パイプクリーナーで解消できる詰まりの原因は?

具体的にワイヤー式パイプクリーナーで、どんな詰まりの原因が解消できるのか説明しましょう。

「解消できる可能性大」な原因…トイレットペーパーやティッシュといった紙類の詰まり

トイレが詰まる原因としてポピュラーなトイレットペーパーやティッシュといった紙類の詰まりには、高い効果が期待できます。
紙類は基本的に水につかると通常よりも柔らかく破けやすくなりますよね。
そのため、ワイヤー式パイプクリーナーの先端を突き刺せば、簡単に詰まりの壁は崩れています。

問題は、しっかりと詰まっている場所まで先端部分を誘導できるかどうかでしょう。

「可能性あり」な原因…おむつ、生理用品、流せるペットシート

おむつや生理用品、流せるペットシートといったものには「吸水ポリマー」が含まれています。
普段は薄手のものでも、トイレの水につかると水を含んでパンパンに膨れて水の通り道を塞いでしまうのです。

おむつや生理用品は一見、紙と同じように見えるかもしれませんが、水につかっても破けないポリエステルなどの素材でできています。
先端部分でつついても、簡単には破れてくれません。
しかし、破れにくい分ブラシの先端がひっかかりやすいので、詰まっているおむつなどを排水口まで引きずりだせる可能性が高いです。

「気をつけつつ」作業したい原因…ひっかかりそうな固形物

スマホ、メガネ、ボールペンなどさまざまな固形物を落としてしまうこともあります。
こういった固形物の中でも、ブラシの先端部分にひっかりそうなものが詰まっているときは、ワイヤー式パイプクリーナーで解消できるかもしれません。

例えば、メガネが詰まった場合はメガネのつるはし部分などにブラシ部分が絡まってひっかかる可能性がありますよね。

ただし、パンパンに膨れたおむつや生理用品なら先端がぶつかったときにある程度の感触があるので、「あっ!今ぶつかったかも!」とわかりやすいのですが、固形物は軽いものも多いのでぶつかっているのかわかりにくいです。

もし、知らぬ間に詰まっているものを奥に押し込んでしまうと、業者を呼んだときにトイレを外したり大掛かりな作業が必要になることもあります。
そのため、先端部分がひっかかりそうな固形物が詰まった場合は、詰まったものを奥に押し込まないように気をつけつつ、慎重に作業をしないといけません。

「控えたほうが良い」原因…嘔吐物や残飯

嘔吐物や残飯が詰まりの原因となっている場合も、ワイヤー式パイプクリーナーを使えなくはありません。
結局は嘔吐物や残飯が詰まっている場合も、トイレットペーパーやティッシュが詰まったときと同じように壁ができているだけなので、つついて壁を崩せば解消できます。

ただし、嘔吐物や残飯に含まれる油分などは、将来的に排水管を詰まらせる原因にもなりかねません。
そのため、詰まりの壁を崩して流すよりもできればラバーカップや真空式パイプクリーナーで吸引したほうが良いのです。

ワイヤー式パイプクリーナーでは、どう頑張っても嘔吐物や残飯は引きずり出せませんからね。

「突然やってきた吐き気を我慢できず、トイレに吐いてしまった。」 「残飯処理が面倒で、食べ物をトイレに流してしまった。」 その直後にト...

ワイヤー式パイプクリーナーの強みは?

ワイヤー式パイプクリーナーで解消できる詰まりの原因を紹介しましたが、購入を検討しているあなたは「メジャーじゃないワイヤー式パイプクリーナーを選ぶ意味ってあるの?」と思ったことでしょう。

汎用性はラバーカップや真空式パイプクリーナーに軍配!

正直な話、汎用性を重視するならラバーカップや真空式パイプクリーナーのほうが良いです。
ラバーカップや真空式パイプクリーナーは、強力な吸引力と水圧でトイレットペーパーやティッシュといった紙類の詰まりを簡単に解消できます。

ワイヤー式パイプクリーナーだと、先端部分が詰まりに届きさえすれば物理的に力を加えられるので簡単に解消できますが、届かなければまったく意味がありません。
詰まる頻度が高いトイレットペーパーやティッシュを簡単に確実に解消できるラバーカップや真空式パイプクリーナーのほうが、汎用性は高いといえるでしょう。

ワイヤー式の強みは、詰まりの原因を引きずり戻せること!

ワイヤー式パイプクリーナーがすべての点で、ラバーカップや真空式パイプクリーナーに劣るかというとそうではありません。

ワイヤー式パイプクリーナーの、「先端をひっかけて詰まりの原因を引きずり戻せる」というのは大きな強みです。
強力な吸引力を誇る真空式パイプクリーナーでも、吸引力で詰まりの原因を引き戻せないわけではありません。
しかし、所詮は吸引力です。
物理的に詰まりに触れて引きずり戻せるワイヤー式の力には及びません。

パンパンに膨らんで水の通り道をふさぐおむつや生理用品が相手なら、ワイヤー式パイプクリーナーのほうが先端部分が届きさえすれば、確実に詰まりを引きずり戻せます。
また形にもよりますが、固形物を引きずり戻せる可能性もあるのです。

詰まりの原因がおむつやナプキンといった吸水ポリマーを含んだもの、なんとしてでも取り戻したい固形物であれば、ラバーカップや真空式パイプクリーナーよりもワイヤー式パイプクリーナーのほうがおすすめできます。

実践!ワイヤー式パイプクリーナーの使い方

実際にワイヤー式パイプクリーナーを使って、詰まりを解消する場合の手順とコツを紹介します。

ワイヤー式パイプクリーナーを使うために用意するもの

まずは、使う前の下準備として次のものを用意しましょう。

・新聞紙…トイレの床に敷くため
・ぞうきん…回収したワイヤー式パイプクリーナーを拭くため
・ゴム手袋…汚水が手につくのを防ぐため
・マイナスドライバー…止水栓を閉めるため
・バケツ…くみ取った汚水をためたり、水を注ぐため
・ペットボトルしゃくし…便器内の水を汲み出すため

ペットボトルしゃくしとは、ペットボトルを画像のようにしゃくしの形に切り取ったものです。
便器の中の水をくみだすときに、バケツだと口が広すぎます。
一般的なしゃくしを使っても良いですが、トイレの汚水に使うのは少し気が引けるでしょう。
ペットボトルなら、使った後にゴミに捨てても問題ないのでおすすめです。

1Lサイズよりも500mlサイズのほうが排水口の奥まで届くのでおすすめです。

ワイヤー式パイプクリーナーの正しい手順

道具を用意できたら、次の手順でワイヤー式パイプクリーナーを使っていきます。

1.ゴム手をはめ、新聞紙をしきつめる

手が汚れるのを防ぐために、ゴム手袋をはめます。
ワイヤー式パイプクリーナーはラバーカップと比べて、水がハネたりすることは少ないですが、念の為トイレの床には新聞紙をしきつめておきましょう。

2.止水栓を閉める

マイナスドライバーで止水栓を閉めておきましょう。
うっかりレバーに触れて水が流れ、便器から溢れたら大変ですからね。

タンクの横辺りにある止水栓を時計回りに回すと、閉まります。
ただし、普段は止水栓を回すことはないので固くなり、回りにくくなっていることもあります。
少し力を入れても回らないようなら、無理に閉めなくても大丈夫です。

その場合は、戸建住宅なら宅地内の地面に、集合住宅なら玄関横あたりに設置してある水の元栓を閉めましょう。

便器によっては止水栓の位置が異なるため、見当たらないようならこちらのページも参考にしてみてください。

TOTO アフターサポート「止水栓の閉め方と調整方法

3.便器の中の水をできる限りくみだす

ペットボトルしゃくしを使って、できるだけ便器内の水を汲み出します。
ワイヤー式パイプクリーナーを排水口に入れるときに、片手を排水口部分に突っ込む必要も出てくるかもしれないので、なるべく汲み出してバケツにためましょう。

4.固定ネジをゆるめた状態で、ワイヤーを排水口に入れる

ここから、ワイヤー式パイプクリーナーを使っていきます。
ワイヤー式パイプクリーナーについているネジを緩めた状態で、ワイヤーの先端を排水口に入れていきます。
ただし、いくらワイヤーに柔軟性があるといっても排水口部分は急な角度でカーブしているため苦戦するかもしれません。

事前に先端の少し手前あたりを画像のように折り曲げておくと、入りやすくなります。それでも入りにくい場合は、ただワイヤーをぐいぐい押すのではなく、排水口部分に手を突っ込んでワイヤーを操作すると入りやすくなるでしょう。

5.詰まりにぶつかったら、ネジを閉めてグリップを回す

ワイヤーを押し込んでいくと、どこかのタイミングで詰まりにぶつかる感触があるでしょう。
感触があったら、ネジを閉めてグリップよりも後ろにあるワイヤーをまとめておきます。
こうすることでワイヤーが暴れずにすみます。
商品を購入したときに、ワイヤーをまとめていたバンドを使っても良いですし、ガムテープでとめてしまっても良いですね。

準備ができたら、グリップ部分を時計回りに回してください。先端の螺旋部分がドリルのように詰まりに食い込んでいきます。
詰まりの原因がトイレットペーパーやティッシュといった破れやすいものだと確信できているなら、グリップを回さなくてもガシガシつつくだけで良いでしょう。

6.グリップを数回まわしたら、ゆっくりとワイヤーを引き抜く

グリップを数回まわしたら、ゆっくりとワイヤーを引き抜きます。

このとき、雑巾で水を拭き取りながらワイヤーを引き抜くと水が垂れずに良いですね。
詰まりの原因にしっかりと先端が食い込んでいれば、無事詰まりの原因を取り出せます。

7.バケツで詰まりが解消されたか水を流して確認

詰まりの原因が取り除ければ、確実に水は流れるようになるはずです。
しかし、念には念を入れてまずはバケツからゆっくり水を注ぎましょう。
水がいつものようにスッと引くなら、詰まりが解消された証拠です。

8.止水栓を開け、後片付け

詰まりの解消が確認できたら、止水栓を開けて床の新聞紙などの後片付けをして終了です。

test

最後に

ワイヤー式パイプクリーナーは、決して万能な詰まりを解消できるアイテムではありません。
しかし、他のアイテムや方法ではできない「直接詰まりに触れられる」という大きな特徴があります。
特にあなたが水を含んでパンパンに膨らんでしまうおむつや生理用品を流してしまったり、固形物を取り戻したいのなら、ワイヤー式パイプクリーナーはおすすめです。

ただし、ワイヤー式パイプクリーナーは詰まりの原因に届かなければ意味がありません。実際に使ってみてもワイヤーが詰まりの原因に届く様子がないようなら、業者に頼んだほうが良いでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トイレの詰まりを洗浄剤(パイプクリーナーなど)で解消するコツは?

ティッシュを流してトイレ詰まりになった場合の解消方法とは?

トイレットペーパーを流しすぎた時のトイレ詰まりの解消はどうしたらいい?

トイレの便器の水を流すとゴボゴボと音がするけど原因は?解消方法は?

NO IMAGE

嘔吐物や残飯がトイレ詰まりの原因になったときの解消法とは

トイレの詰まりは放置したら直る?時間はどのくらい放置するの?