トイレのロータンクレバーから水漏れする原因は何?修理方法はどうしたらいいの?

トイレのロータンクレバーは、排水管と直結しているわけではないので、普通なら水漏れするわけがないパーツですが、それでも時折水漏れしてしまうことがあるそうです。

そのため、何が理由で水漏れしているのか全く理解できず困惑されている方がいらっしゃるんだとか…

このままでは、ただ手をこまねき苦悩を強いられるだけですよね。

そこで、たとえトイレのロータンクレバーから水漏れが起きても困らないように、その原因と対処法(修理方法)をご紹介したいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

トイレのロータンクレバーから水漏れする理由

長いことトイレを使用していれば、水漏れや詰まりなどのトラブルは起きるものです。

しかし、ロータンクレバーという、排水管と直接関係がない部位から水漏れするというのは、実にレアなケースです。

ロータンクレバーとは何?

そもそもロータンクレバーというのは、タンクの右側についている水を流すためのレバーのことを言います。

トイレで水を流すとき、レバーを動かして水を流し手を洗いますよね。

そのレバーがロータンクレバーなのです。

タンクの構造上ロータンクレバーからの水漏れは考えにくい…

基本的に、タンクの構造上、ロータンクレバーとつながっているのは、あくまで排水弁であり、レバーを引くことで排水弁が持ち上がり、水が流れる仕組みになっています。

参照までにこちらの動画も御覧ください。

動画にも映されていますが、レバーを引いて水が流れた後、タンクの水がなくなることで、フロート弁という部位が、排水弁の蓋をしてくれます。

そして、排水弁が閉じている状態でタンクの中に水が溜まっていき、タンク内の水位によって浮玉が定められたところまで上昇することで、水が止まるという仕組みになっています。

つまり、ロータンクレバーそのものは、水を流す排水管と直接繋がっていないのです。

なので、単純に、排水弁と繋がっているだけのロータンクレバーから水漏れすることは、ありえない話なのです。

ロータンクレバーから何故水漏れが起きるの?

基本的には、ロータンクレバーからの水漏れはまず考えにくい症状ですが、実際のところ、

「ロータンクレバーから水漏れした!!」

と、悩んでいる方が結構いらっしゃるそうです。

では、何故ロータンクレバーから水漏れが発生してしまうのでしょうか?

ロータンクレバーからの水漏れの原因として考えられるのは、

・タンク内の水位の調整する機能を持つ浮玉(ボールタップ)部の故障
・ロータンクレバーをとタンクをつなぐ接合部のパッキンの劣化・破損

以上の2つの原因が考えられます。

浮玉の故障で水位が以上上昇をきたしてしまう

本来ならば、ロータンクレバーのところまで水が貯まることはありませんが、浮玉(ボールタップ)がタンクの水のなかに沈んだままだと水は溢れてしまいます。

基本的に、浮玉は、給水弁の開け締めを行う部分に付属する金具と接続され、この金具が、浮玉と共に引き上げられ弁が締り、給水がストップする仕組みになっています。

ところが、この金具がサビや破損により動かない状況に陥ると、一向に、浮玉が推移とともに浮き上がらず、沈んだままとなってしまいます。

そのため、永遠に弁が閉まらず給水がストップしないのです。

そのため、ロータンクレバーのところまで水位が上がってしまうのです。

ロータンクレバーのパッキンの故障

一方、本来ならば、たとえタンクの水がいっぱいになっても水漏れが起きないように、ロータンクレバーとタンクの接合部にはパッキンが付けられています。

しかし、このパッキンが破損・劣化してしまい、機能不全を引き起こすと、タンク内の水位次第では、ロータンクレバーから水漏れが発生してしまうのです。

このように、2つの部位の故障・劣化により、意外にもロータンクレバーからも水漏れは起きてしまうのです。

ただ、原因が分かってしまえば混乱に陥る必要は全くありませんので、以上、2つの原因をしっかり覚えておきましょうね。

ロータンクレバーからの水漏れを修理する方法

ロータンクレバーからの水漏れの理由・原因が分かってしまえば、対処は非常に簡単です。

・浮玉から給水弁への部品の付け替え
・ロータンクレバーとタンクの接合部のパッキンの交換

この2つを行えば、問題は解決します。

問題は、トイレによって、部品が若干異なるケースがあるので、どの部品を購入すれば良いのかわからない方は、古い部品を取り外し、ホームセンターなどに持ち寄って、店員に確認してから購入しましょう。

さて、ここからは、浮玉・ロータンクレバーのパッキンの2つの部品交換方法をご紹介します。

浮玉(ボールタップの交換)

まずは、止水栓を締めて、水を流れないようにしておきます。

続けてタンクの上蓋を取ります。

手洗い管とホース(キャップ)も外す

この際、手洗い管とホース(キャップ)が繋がっている場合は、キャップを外しておきましょう。

手洗い管とホースが繋がったままだと、作業がかなりしづらいので、必ず外しておいてください。

浮玉(ボールタップ)と給水管の切り離し。

タンクの上蓋を外したら、今度は、いよいよボールタップと給水管を切り離します。

方法は、ボールタップと給水管をつないでいるナット・パッキンをプライヤーレンチでゆるめて外すだけ…

至って簡単に外れるので、ぜひ試してみてくださいね。

ボールタップ部の組み立て接続

ボールタップを購入すると、大抵が浮玉とアームがバラバラになった状態で梱包されているケースが多いです。

なので、まずは、浮玉を本体に接続し、ナットで固定しましょう。

続けて、アームの先端についているナット・パッキンを一旦取り外し、ボールタップをタンクに取り付け、一旦外したナット・パッキンで、タンクの外から取り付け固定します。

給水管との接合

ここまでくれば後は元通りに給水管からボールタップを外した際に緩めたナットを締め直し、接続完了。

ナットの取り付けの際は、始めは仮止めしておいて多少緩めておきながら、最終的に給水管と接続する際に本締めするほうが、作業的にはやりやすいと思います。

手洗い管とホースの接続

最後に、手洗い管とホースを繋げます。

この際、手洗い管とホースの留め口が遭わないとうまく繋がりません。

なので、先に、手洗い管とホースの留め口が合うか確かめておくことをおすすめします。

ちなみに、参考映像の留め口(ネジ)は2種類付属されています。

大きいもので合えばそのネジを使って接続すれば問題ありませんし、適合しなければ、そのまま直接つなげれば繋がります。

ただし、これもトイレの形状などによって異なりますので、詳しくはホームセンターの店員に確認してみると良いでしょう。

最終的に、手洗い管とホースを繋げ、タンクの蓋を閉めれば完了。

若干手順が複雑ではありますが、決して難しい工程ではありませんので、一度、浮玉(ボールタップ)の交換に挑戦してみてくださいね。

なお、参考映像も載せておきますので、ぜひ、参考にしてみてください。

ロータンクレバーの交換方法

ロータンクレバーの交換方法は、浮玉(ボールタップ)以上に簡単です。

まず、止水栓をマイナスドライバーで右に回し止めます。

タンクの上蓋を外し、部品の確認

止水栓を締めて水を止めたら、タンクの上蓋を外しましょう。

上蓋を外す際には、手洗い管とホースが繋がっていると思いますので、そこも外しておきます。

タンクの上蓋を外すと、タンク内に浮玉やらロータンクレバーと繋がっているバーやら、いろいろ部品が見えると思います。

この中の、ロータンクレバーと繋がっているバーの先端についている鎖を外します。

この鎖はフックにかかっているだけなので簡単に外せますよ。

外したフックは、タンク内にあるオーバーフロー管にでも引っ掛けておくと、後でロータンクレバーとつなげるときにフックが手に取りやすく便利です。

ロータンクレバーを外し、新たなレバーと交換する

つづいて、ロータンクレバーをタンクに留めてあるナットをプライヤーレンチで外しレバーを外しましょう。

レバーを外したら、元の位置に、新たなレバーを入れてパッキン・ナットで内側から締めてあげれば取り付けられます。

ちなみに、購入時は、ナットとパッキンがレバーについているので、軽く回して外しておいてください。

取り付けた後は、プライヤーレンチで軽くナットを締め、レバーが回ることも確認しておきましょう。

ここまでくれば、後は、外しておいたフックをつなぐだけでOK。

やることは至って簡単ですので、これくらいなら自分で直しちゃったほうが良いかもしれませんね。

トイレのロータンクレバーからの水漏れに関しては、結構簡単に直せますので、トイレ業者に頼むのもいいですが、まずは自身で直してみるのもおすすめですよ。

test

トイレ業者を呼ぶのも有効手段

ロータンクレバーからの水漏れを直すには、先程ご紹介したように、浮玉・レバー部のパッキンの付け替えを行えば十分修理可能です。

しかし、自分で直す自信が無い方は、トイレ業者に依頼するのも一つの有効手段です。

もちろん、トイレ業者を呼ぶ以上、料金は発生しますが、どうしても自分で直せなければ、他に直しようがありませんので、最後の手段として頭の片隅に入れておきましょう。

ロータンクレバーからの水漏れも対処できる!!

ロータンクレバーから水漏れすることで、

「何故、こんなところから?」

と驚き、何をどうして良いか分からず混乱してしまう人は、少なくないでしょう。

しかし、考えられる原因は2つに絞られていますし、原因・理由さえ分かってしまえば、対処法は意外と簡単です。

しかも、どうにもならない場合は、トイレ業者に頼んでしまえば修理は可能なので、まずは、冷静になって対処するよう心がけましょうね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トイレの便器と床の隙間から水漏れする原因は何?修理料金はどのくらいかかる?