ティッシュを流してトイレ詰まりになった場合の解消方法とは?

「鼻をかんだティッシュを、うっかりトイレに流してしまった。」

こんな経験、誰もが一度はしたことあるかもしれませんね。
しかし、ティッシュはトイレットペーパーと違って、確実にトイレ詰まりの原因になります。

ここでは、ティッシュをうっかり流したのが原因でトイレが詰まった場合の具体的な解消法を紹介していきます。
今まさにティッシュのトイレ詰まりで困っているあなたのために、ラバーカップや簡単に用意できるお湯を使った方法など5つの解消法を用意しました
ぜひ参考にしてみてください。

解消法①高いところからのお湯でティッシュを溶かす

最初は、道具らしい道具を使わない手軽な方法を紹介します。
使うのは「お湯」だけです。
結果が出るまでに1時間程度の時間がかかることもあるので、とりあえず実践しておくと良いでしょう。

お湯でふやかし、水流で崩す!

この方法の仕組みはとても簡単です。お湯の力でティッシュをふやかすとともに、水の流れの力で詰まりを崩してしまうのです。ティッシュは水を吸い込みますが、吸い込んでも簡単にはほぐれないようになっています。

もし、トイレットペーパーのように水に触れて簡単にほぐれたら、鼻をかんだとき大変なことになりますよね。
そのため、便器の水に漬かってもほぐれにくいままなのですが、お湯に漬かることでふやけて、水に漬かっているときよりもほぐれやすくなるのです。

これは、ティッシュを水とお湯につけて、ほぐれやすさを検証した画像です。
少し見にくいですが、お湯につけたティッシュのほうが細かくほぐれているのが分かるかと思います。

ここに、水の流れる力が加わると、少しずつほぐれて千切れたティッシュが排水管の奥へと流れていき、詰まりが解消されるかもしれません。

お湯を使った解消法~「温度」と「高さ」には注意~

この方法は手順はそこまで難しくないのですが、お湯の温度にだけは絶対に注意してください。
便器に沸騰した熱湯を注いでしまうと、熱膨張により陶器がひび割れる危険もあります。

注ぐ温度の目安は40~60度程度です。
一度沸騰させたお湯に同量の水を加えれば、50度程度のお湯が作れます。

また、用意したお湯は火傷に注意しつつ、なるべく高い位置から便器の排水溝部分に注ぐのもポイントです。
水の柱が5cm程度になるようにすると良いですね。
こうすることで、便器の中で水の流れが生まれやすくなるのです。

もし詰まりが軽いものなら、お湯の力ではなく水を注ぐ力だけでティッシュがほぐれて詰まりが解消することもあります。
仮に高いところからお湯を流して詰まりが解消できなくても、それから1時間程度置くことでお湯の力でティッシュがほぐれやすくなるでしょう。

お湯を使った詳しい解消法は「1.トイレの詰まりはお湯で溶かすことで解決?やり方はどうするの?お湯を「使った正しいトイレ詰まりの解消法」を参考にしてください。

解消法②お湯+「重曹+クエン酸」で効果UP!

ティッシュはトイレットペーパーよりも溶けにくくできており、お湯だけでは溶かす力が弱い場合もあります。そういったときは、お湯に「重曹+クエン酸」を加えると良いでしょう。

重曹+クエン酸の力は?

重曹とクエン酸を混ぜると、「シュワシュワ~」と音をたてながら、炭酸ガスが発生します。
この炭酸ガスの力によって、ティッシュがほぐれやすくなるのです。
お湯でふやかす力に炭酸ガスの力が加われば、さらにほぐれやすくなるでしょう。
クエン酸は、お酢でも代用できます。

ティッシュを「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」に1時間ほど漬けて、割り箸でかき混ぜた画像です。
ただの水に漬かったティッシュと比べると、よりほぐれているのが分かりますよね。

お湯+「重曹+クエン酸」を使った解消法~おすすめはクエン酸~

この方法は、クエン酸がない場合にはどこの家庭にもあるお酢で代用できます。
ただし、実際に私が試したところ、お酢よりもクエン酸のほうが泡が出ている時間が長いように感じました。
泡の力でティッシュがほぐれやすくなることを考えると、できればお酢よりもクエン酸をおすすめします。
手順としては、重曹→クエン酸orお酢→お湯の順番に投入するだけなので、難しいことはありません。

詳しい方法は「トイレつまりを重曹とクエン酸やお酢で解消するコツとは?」を参考にしてください。

解消法③パイプ洗浄剤、トイレ洗浄剤でティッシュをドロドロに!

トイレが詰まったら、なんとなく台所や洗面台のパイプの汚れを溶かす洗浄剤や、トイレ掃除に使う洗浄剤を流すという人も多いかもしれません。
実は、この方法でもティッシュの詰まりを解消できる可能性があります。

本来の使用目的とは違う点に注意!

台所や洗面所のパイプ汚れを溶かす洗浄剤は、あくまで髪の毛やヌメリを溶かすことを目的として作られています。
トイレの洗浄剤は、汚れを落とすことを目的として作られています。

要するに、どちらもトイレの詰まりを解消するものとしては、作られていないのです。
実際にパイプクリーナーの商品の注意書きには「トイレのつまりには、効果は期待できません。」と書かれています。
しかし、その一方で実際にパイプ洗浄剤やトイレの洗浄剤をティッシュにかけてみると、すぐにドロドロにほぐれてしまいます。

水に漬けたティッシュ、洗面台などのパイプの詰まりを溶かすパイクリーナーに漬けたティッシュ、トイレの汚れを落とすトイレクリーナーに漬けたティッシュ、3種類の溶け具合を比較した画像です。

トイレクリーナーは泡立ってしまい、ティッシュの様子が分かりませんが、水に漬けたティッシュとはあきらかにほぐれ具合が異なります。
実験の結果としてはパイプ洗浄剤やトイレの洗浄剤には、ティッシュをほぐれやすくする効果は期待できますが、「本来の使用用途とは異なる使い方をしている」ということは頭に入れておきましょう。

パイプ、トイレの洗浄剤を使った解消法~即効性に期待大!?~

実験をしたところ、洗浄剤を投入してからものの数十秒でティッシュはほぐれやすい状態になりました。
もともとティッシュは水に溶けにくく、1時間ほど水につけても粉々にまではほぐれません。
それを考えると、洗浄剤には即効性が期待できるかもしれませんね。
手順も普段使用している洗浄剤をトイレに入れて、少し時間を置いてから水を流して水位の変化を確認するだけです。

ただし、便器の中でお酢と混ざると有害なガスが発生する危険があります。
上で紹介した「重曹+クエン酸(お酢でも代用可)」の方法を試した後に、洗浄剤を入れるのだけはやめましょう。

詳しい方法は「トイレの詰まりを洗浄剤(パイプクリーナーなど)で解消するコツは?」を参考にしてください。

解消法④ラバーカップの吸引力で詰まりを崩す!

トイレが詰まったら、真っ先にラバーカップを手にする人も多いでしょう。
それくらい「トイレ詰まりの救世主」というイメージが強いラバーカップも、もちろんティッシュ詰まりの解消に役立ってくれます。

ラバーカップは「吸引」するもの!

勘違いしている人が多いですが、ラバーカップは詰まりの原因を「押し流す」ものではありません。
「吸引」して、詰まりの原因を便器の排水溝部分に引き戻すように使うのです。
詰まりの原因がティッシュであればあまり問題はありませんが、スマホやライターといった固形物が排水管の奥へと押し流されていくと、事態は悪化します。

詰まりがティッシュの場合でも、念のため正しい使い方でラバーカップを利用しましょう。

ラバーカップを使った解消法~押さずに引くべし~

ラバーカップを正しく使うコツは、「押さずに引く」ことです。
便器の種類に合ったラバーカップを便器の排水口部分に密着させ、静かに柄の部分を押し込みます。
これでラバーカップの中は真空状態になります。
この状態から柄の部分を「グイッ!」と引くと排水口の水が引き戻され、一緒に詰まりの原因も戻ってくるのです。
お湯、重曹+クエン酸(お酢)、洗浄剤といった方法でティッシュをほぐれやすくしてから使うと、ラバーカップ単体で使う場合よりも高い効果が期待できます。

さらに詳しい使い方は「トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?ラバーカップは便器に合った種類を選ぶこと!」以降を参考にしてください。

解消法⑤真空式パイプクリーナーで強力な吸引を!

真空式パイプクリーナーはトイレ詰まりに大きな効果を発揮するアイテムですが、知名度はラバーカップよりも少ないですよね。
しかし、「今からラバーカップを買いに行こうかな?」と考えているなら、真空式パイプクリーナーを検討してみても良いかもしれません。

ラバーカップに勝る強力な吸引力!

真空式パイプクリーナーは、ラバーカップの特徴的な先端部分とポンプが合体したものです。
ラバーカップは、柄を引くことで詰まりを引き寄せるための吸引力を生み出しますが、真空式パイプクリーナーはポンプのハンドルを引いて吸引力を生み出します。

ラバーカップより強力な吸引力を生み出せるので、ラバーカップでは解消できなかった詰まりも簡単に解消できるかもしれません。

真空式パイプクリーナーを使った解消法~ラバーカップと似た使用感~

真空式パイプクリーナーは、仕組み自体はラバーカップと同じです。
形状こそ異なりますが、ラバーカップに似た感覚で使用できるでしょう。
「パイプクリーナーなんて使ったことがないから、私には絶対ムリ!」と必要以上に臆病になることもありません。

パイプクリーナーの詳しい使い方は「トイレつまりを真空式パイプクリーナーで解消?正しい使い方とは?」で紹介しているので、参考にしてください。

ティッシュはトイレではなく、ゴミ箱へ!

本当にトイレの詰まりの原因がティッシュなら、ここまで試した方法のいずれかで解消できるでしょう。
きっと、あなたもトイレの詰まりを解消できてホッとしているのではありませんか?
しかし、「詰まりが解消できてよかった!」で終わってしまうと、また同じ過ちを繰り返すかもしれません。
少しティッシュのつまり具合について勉強しておきましょう。

ティッシュは水に溶けにくい!

トイレでは「トイレットペーパー」を使うのが当たり前ですよね。
「当たり前に流しているトイレットペーパーと同じ紙だから、ティッシュも流して良いよね?」とあなたは考えていたかもしれません。
しかし、この考えは間違いです。

トイレットペーパーは、トイレに流すことを前提に作られているので、水に漬けると簡単に溶けやすい(ほぐれやすい)繊維構造で作られています。
ティッシュは鼻をかんだり、こぼした水を拭いたり、さまざまな用途で使われるので、溶けにくい(ほぐれにくい)繊維構造で作られているのです。

ティッシュをトイレに流して詰まってしまうのは、当然のことなのですね。

ティッシュは素直にゴミ箱へ!

トイレに入るついでにティッシュで鼻をかんだり、掃除でティッシュを使ったりする人も多いでしょう。
そして、「トイレットペーパーと同じ紙だし!」という理由でティッシュをトイレに捨ててしまいたくなるかもしれませんが、これからは素直にゴミ箱に捨てましょう。

念のため、トイレにティッシュ専用のゴミ箱を設置しておくと良いですね。

test

最後に

もともと溶けにくいティッシュの詰まりは、トイレットペーパーとくらべて厄介です。
それでも紙類ではあるので、水に長時間漬かったり、水流や吸引による力が加わることで詰まりを解消できる可能性は十分にあります。
今回紹介した方法を参考にして、ティッシュのトイレ詰まりの解消に挑戦してみてください。

しかし、解消する兆しがまったく見えない場合には、他の詰まりの原因も考えられます。
その場合は、業者の利用も検討しましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ワイヤー式パイプクリーナーの使い方とは?トイレの詰まりを解消するコツ解説

トイレの詰まりはお湯で溶かすことで解決?やり方はどうするの?

トイレットペーパーを流しすぎた時のトイレ詰まりの解消はどうしたらいい?

トイレの詰まりは放置したら直る?時間はどのくらい放置するの?

トイレつまりを重曹とクエン酸やお酢で解消するコツとは?

トイレつまりを真空式パイプクリーナーで解消?正しい使い方とは?