トイレつまりを重曹とクエン酸やお酢で解消するコツとは?

あなたは、トイレの詰まりの解消法のひとつに「重曹+クエン酸orお酢」を使った方法があるのをご存じですか?

トイレ詰まりの解消法としてポピュラーなのはラバーカップですが、いざトイレが詰まったときに手元にないことも多いですよね。
もしかして、今まさにあなたはそんな状態で困っているのでは?

もしそうならキッチンに行き「重曹」と「クエン酸かお酢」の2つのアイテムがあるか確認してください。
あなたのトイレの詰まりの原因がトイレットペーパーやティッシュといった水に溶けそうなものなら、2つのアイテムで詰まりを解消できるかもしれません。

具体的な方法や注意点を紹介するので、ラバーカップを買いに走る前に参考にしてみてくださいね。

もくじ

重曹+クエン酸orお酢で解消できるのは、溶ける紙類!

はじめに言っておきますが「重曹+クエン酸orお酢」を使った方法、はどんなトイレの詰まりも解消できる魔法のような方法ではありません。
トイレの詰まりといっても原因はさまざまですよね。
大量に流したトイレットペーパーや排泄物、うっかり流したティッシュ、掃除で使った流せるお掃除シート、うっかり落としたスマートフォンやライターといった固形物…。

挙げはじめるとキリがありませんが、今回の方法が有効なのは排泄物や水に溶けやすい紙類が詰まりの原因となっている場合です。
重曹とクエン酸、もしくはお酢は、それぞれ弱アルカリ性と弱酸性であり、2つが混ざることで二酸化炭素のガスが発生します。
この炭酸ガスが詰まりの原因となっている紙類を溶かしてくるのです。

具体的には排泄物、トイレットペーパー、ティッシュ、流せるお掃除シートといったものが溶かせる対象になります。
当然、炭酸ガスにスマートフォンやライターといった固形物を溶かしてしまう力はないので、固形物を落として詰まらせてしまった場合は違う方法を検討しましょう。
また同じ紙類でもペットシートやおむつ、ナプキンは吸水ポリマーを含んでおり、水をどんどん吸い込んで膨れます。
こういった詰まりの原因にも効果は薄いので、注意しましょう。

あなたの目で確認!重曹+クエン酸orお酢の効果

いくらトイレットペーパーやティッシュの詰まりを「炭酸ガスで解消できます。」といわれても、本当に解消できるのか疑問に思う人もいるでしょう。
「せっかくお店が重曹やクエン酸を買ってきtのに、効果がなかった…。」なんてことになったら悲しいですからね。

そこで、実際に実験をして重曹+クエン酸orお酢の効果を確かめてみましょう。

トイレットペーパー、ティッシュ、お掃除シート、それぞれの結果は?

私の家のトイレをわざと詰まらせるのは、さすがに怖いです。
そこで、今回は「水」「水+重曹+クエン酸」「水+重曹+お酢」を注いだ3つのボールを用意して、紙類を溶かせるか実験します。

今回用意した重曹、クエン酸、お酢は、100円ショップで手に入るものです。

実験対象は、トイレットペーパー、ティッシュ、流せるお掃除シートの3つです。
それでは、気になるそれぞれの結果を紹介していきましょう。

水に溶けやすいトイレットペーパーは?

まずは、トイレットペーパーからです。

上の画像は、トイレットペーパーを浸してすぐの状態ですね。
もともとトイレットペーパーは水に溶けやすくできているので、少量なら簡単に溶けてくれます。
左の水につけたばかりのトイレットペーパーも、この時点で割り箸でつついてみると破けます。

気になるのは、今回のメインの「重曹+クエン酸orお酢」の実力です。
まず、真ん中の「重曹+クエン酸」ですが、水に重曹を入れ、クエン酸を追加した瞬間から「シュワシュワ~」と音をたてながら泡がわいてきました。

うまく説明できませんが、トイレットペーパーの内側からあらわれる泡によって、トイレットペーパーがもこもこと膨らんだのです。
膨らむ力によってトイレットペーパーが勝手に破れていったのを、この時点ですでに確認できました。

右の「重曹+お酢」も真ん中と同じように、開始直後からぶくぶく泡が発生していました。
こちらも泡の力でトイレットペーパーがボロボロとほぐれていきましたが、クエン酸に比べると泡がでなくなるまでの時間が早いように感じました。

こちらは開始から30分経ったときの画像で、それぞれ割り箸で10回ほどかき混ぜています。

そもそもトイレットペーパーは水に溶けやすいので、どのボールのトイレットペーパーも完全にほぐれていますね。
しかし、ほぐれ具合は「ただの水」よりも「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」のほうが勝っていることがわかりました。

「ただの水」に漬かったトイレットペーパーは、一切れのサイズが大きいですが、右の2つはたったの30分でかなり小さいサイズまでほぐれています。
「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」の2つを比較しても、とくにほぐれやすさの違いはないように感じました。

開始から1時間経過後に、割り箸で10回ほどかき混ぜた画像です。
30分の時点でかなりほぐれていた「重曹+クエン酸」と「重曹+お酢」だけでなく、ただの水に漬かっていたトイレットペーパーも、1時間経てばかなりほぐれやすくなっています。

うっかり水に流してしまうティッシュは?

次はティッシュで実験です。
トイレットペーパーは水に溶けやすいので、大量に詰まったとしても1~2時間ほど時間を置いておくだけでも詰まりが解消されることが多いです。
しかし、ティッシュは水に溶けるようにできてないので、この実験結果には注目したいですね。

上の画像は、ティッシュを漬けはじめてすぐのものです。
「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」は、トイレットペーパーのときと同じように炭酸ガスを発生させています。
念のため、ただの水に漬けたティッシュを割り箸でつついてみましたが、やはり破れる様子はありません。
しかし、右の2つは泡で盛り上がった部分のティッシュを割り箸でつつくと、簡単に破れてしまいました。

実験開始から30分経過し、割り箸で10回ずつかき混ぜてみました。
水に漬けたティッシュは原型を保ったまま、「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」に漬けたティッシュは、粉々とまではいきませんでしたが2つ3つに分裂していました。

ただし、この時点で右の2つからはまったく泡が出ていなかったので、追加で重曹+クエン酸orお酢を投入して様子を見ることにしました。
ちなみに、このときそれぞれのボールに水を追加したのですが、右の2つのボールに入ったティッシュは、水の勢いで破れて穴が空いていました。
この時点でもかなりもろくなっているんですね。

1時間経過して、割り箸で10回ほどかき混ぜた画像です。
水に漬けたティッシュは、ようやく少しずつほぐれてきた感じですね。
重曹のほうは、どちらも30分後よりもかなり細かくほぐれてくれました。
少しの力が加わってこれくらいほぐれるようになるなら、水が流れる勢いやラバーカップの水圧でも簡単に詰まりが解消されそうですよね。

流せるのに詰まる!?流せるお掃除シートは?

詰まりの原因として意外と知られていないのが、流せるお掃除シートです。
「流せる」と書いているので、疑問も持たずにトイレに流している人は多いでしょう。
日本で作られているトイレットペーパーは、JIS(日本工業規格)規格に則って、一定の溶けやすさの基準をクリアするように作られています。
だから、どんなメーカーのトイレットペーパーでも、極端に大量に流さない分にはトイレが詰まらないのです。

しかし、流せるお掃除シートなど「流せる〇〇」という商品には、JIS規格がありません。
つまり、それぞれの会社が「このくらいなら流れるだろう。」という自社の基準に基づいて商品を開発しているのです。

その結果「流せる」と書いてある商品なのに、トイレに詰まってしまうケースがあるのです。
ある意味、ティッシュよりもたちが悪い商品かもしれませんね。

そんな流せるお掃除シートも実験してみましょう。今回は100円ショップで売られていた流せるお掃除シートを使います。

上は流せるお掃除シートを漬けた画像です。
水に漬けたものを割り箸でつつくと、少しつっかかりがありつつも破れました。
やはり、「流せる」とうたっているだけあってティッシュよりは柔らかそうです。

真ん中のボールは、泡でお掃除シートが膨らんでいます。
右のボールは重曹とお酢の量が少なかったのか、あまり泡が出ませんでした。
写真を撮った後に、少し重曹とお酢を追加しています。

30分経過して、割り箸で10回ほどかき混ぜた写真です。
水に漬けたシートも思ったより柔らかくなっていますね。
しかし、かき混ぜたときに大きな塊で割り箸にまとわりついたことを考えると、まだ完全にほぐれているとは言えません。

「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」のふたつのシートも大きな塊が残っていますが、ティッシュほどではありませんね。
細かく千切れたシートが多いのが良くわかります。

この時点で泡の発生が止まっていたので、さらなる効果を求めて「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」をそれぞれ追加しました。

1時間後に割り箸で10回ほどかき混ぜました。水に漬けたシートもだいぶほぐれてきていますね。
個人的な感想ですが、30分の時点での「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」の溶け具合にようやく追いついた感じです。

「重曹+クエン酸」と「重曹+お酢」は、かなり細かく溶けていますね。
このくらい細かくほぐれるなら、トイレに詰まっていても少し水の力が加われば流れていきそうですね。

「重曹+クエン酸orお酢」の力は本当だった!

3つの実験結果をみて、あなたはどう感じたでしょうか?
写真だけでは伝わらない部分も多いと思います。
しかし、実際に実験をして漬かったティッシュを触った私は、「重曹+クエン酸orお酢」の力は本物だと感じました。

この実験を通して、特に気づいた3つのポイントを紹介します。

気づいたポイント①「重曹+クエン酸orお酢」はスッ…、水はビリッ…

写真では、水と「重曹+クエン酸orお酢」に漬けた紙類の溶け具合の違いが、あまり分からなかったかもしれません。
しかし、自分の指で溶けた紙類を破こうとすると、水につけた紙類は「ビリッ」といった感覚で破れるのに対し、「重曹+クエン酸orお酢」は「スッ」とまったく力を加えず破れることが多かったです。

このことから、水よりも「重曹+クエン酸orお酢」のほうがよく溶けていたんだなと感じました。

気づいたポイント②「溶ける」というよりは「ほぐす」イメージ

「重曹+クエン酸orお酢で、紙類を溶かす」と表現してきたのですが、溶かすというよりは「ほぐす」という表現のほうが近いなと感じました。
もし本当に紙類が溶けていたなら、ボールに入っている水がドロドロしてくると思います。
しかし、後片付けで水を捨てるときもサラサラのままでした。

そのため、いくら詰まりに「重曹+クエン酸orお酢」を流しても、紙類が完全に溶けてなくなってしまうことはないでしょう。
ただし、ほぐれたおかげで少しの力で詰まりが解消されやすくなるのは確かだと思います。

気づいたポイント③「水」でほぐれるというより、「泡」でほぐれている気が…

実験前は、重曹+クエン酸、もしくは重曹+お酢が組み合わさった「水」の力で紙類が溶ける、ほぐれると思っていました。
しかし、実際に実験をすると「水」そのものというより、発生した炭酸ガスの「泡」の力によって少しずつほぐれているようにも見えました。

実験を通して感じたいくつかの気づいたポイントも踏まえて考えると、私は「重曹+クエン酸orお酢」の効果は十分にあるなと感じました。

クエン酸とお酢、使うならどっち?

重曹+クエン酸orお酢でトイレの詰まりを解消する方法は、意外と多くの場所で紹介されています。
しかし、「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」を比較して、どちらのほうが効果があるのか紹介しているものは見当たりませんでした。
そのため、実験をする前から「どっちのほうがより高い効果を得られるんだろう?」と気になっていたのです。結論を言えば、実験を通して「クエン酸とお酢、どちらでも溶かす力は変わりない。」と感じました。

気になったのが泡の持続時間の違い!

30分、1時間と同じ時間漬けておいても、クエン酸とお酢の溶かす効果に大きな差があったようには感じませんでした。
しかし、明らかに違いを感じたのが泡の発生時間の違いです。
重曹(粉末)とクエン酸(粉末)の組み合わせは、投入してから20分程度は「シュワシュワ~」と小さな音が聞こえました。
しかし、重曹(粉末)+お酢(液体)の組み合わせは、投入してから5分ほどで音が聞こえなくなりました。

もちろん、粉末と液体の違い、投入する分量の違いもあったと思いますが、個人的には「重曹+クエン酸」のほうが発泡時間が長いと感じたのです。

発泡時間が長いのは、クエン酸!?

あらためて発泡時間の違いがどのくらいあるのか実験しました。
重曹をトイレの詰まりに使う場合には、「重曹:クエン酸orお酢」の割合は「1:2」程度とおすすめされていることが多いです。

これにもとづいて

・「重曹(コップ1/4カップ)+クエン酸(コップ1/2カップ)+水(コップ1カップ)」

・「重曹(コップ1/4カップ)+お酢(コップ1/2カップ)」

の2つのボールを用意して、発泡時間の違いを実験して調べてみました。
ちなみに「重曹+クエン酸」のほうにだけ水1カップが加わっているのは、重曹とクエン酸がどちらも粉末だからです。

実験の結果「重曹+クエン酸+水」は実験開始から28分も発泡し続けましたが、「重曹+お酢」は実験開始から2分14秒で発泡が止まってしまいました。

発泡が止まった後の「重曹+お酢」のボールの底には重曹が沈んでいました。
そこで、お酢を追加してみると再度発泡したのです。
しかし、その発泡もやはり2分程度で終了してしまい…。
念のため「お酢+クエン酸」と条件を合わせるため、コップ1杯の水を加えてみましたが、特に変化はなく重曹を溶かしきるまで5回ほどお酢を追加しました。

「重曹+クエン酸」は30分程度経過して発泡も終わったボールを覗いてみると、粉はすべて解けきっており液体しか残っていませんでした。

発泡時間の長さを考えるとクエン酸のほうがおすすめ!

今回は完全に同じ条件で実験ができたわけではありませんが、私の感覚だとお酢よりもクエン酸のほうが発泡時間の長さは優れているように感じました。
お酢もしっかりと発泡しますが、クエン酸と同じくらいの持続時間を保つには、こまめにお酢を追加しないといけないのかもしれませんね。

そう考えると、クエン酸のほうが後から追加する手間も少ないのでおすすめだといえます。
家に重曹とお酢しかないなら、その組み合わせでも良いと思います。
しかし、今から重曹と「クエン酸かお酢」を買いに走るなら、断然クエン酸をおすすめしたいですね。

重曹+クエン酸orお酢のトイレ詰まり解消法!

ここまで、トイレつまりに対する「重曹+クエン酸orお酢」の効果を検証してきました。
ここからは、実際に「重曹+クエン酸orお酢」でトイレ詰まりを解消する具体的な方法を紹介しましょう。

用意するもの~分量のポイントは1:2~

トイレ詰まりを解消するために、必要となるそれぞれの分量の目安は次のとおりです。

・重曹…計量カップ1/4程度
・「クエン酸」もしくは「お酢」…計量カップ1/2程度
・水、できれば50度程度のお湯…便器を半分くらい埋める程度の量

途中でも紹介しましたが、分量の基本は「重曹1:クエン酸orお酢2」です。
少なすぎると発泡時間が短くなるのでいけませんが、極端に分量のバランスを間違えなければ大丈夫です。

また水ではなく、お湯のほうが詰まりを溶かす効果が高くなります。
ただし、熱湯を注ぐと便器がひび割れる危険があるので、この点は本当に注意してくださいね。
一度沸騰させたお湯に同じくらいの量の水を入れると、50度程度のお湯が簡単に作れます。

つまり解消のための正しい5ステップ!

必要なものが用意できたら、次の手順で重曹などを投入していきましょう。

1.バケツやしゃくしを使って、なるべく便器内の水を減らす

この方法では、なるべく泡が詰まりの原因に直接届くようにしないといけません。
便器にたまっている水はできるだけくみとりましょう。
バケツですくってもよいですが、キュッと幅が狭くなる排水溝部分の水はバケツではなかなかすくえません。

そこで、写真のようにペットボトルを切って作った即席のしゃくしを使いましょう。

これなら、狭くなった排水溝部分の水もすくいとれますし、使った後はゴミに捨てて処理できます。

2.重曹→クエン酸orお酢の順番で便器へ投入する

必ず最初に重曹、その次にクエン酸、もしくはお酢を入れるようにしましょう。
この順番を守らないと洗浄効果が落ちてしまうようです。

3.水、できればお湯を便器の半分程度まで注ぐ

やはりお湯のほうが詰まったトイレットペーパーなどを溶かす力が強いので、50度程度のお湯を用意しましょう。

4.便座の蓋をおろし、1時間ほど放置する

実験結果からも分かるように、重曹やクエン酸を入れてから時間を置くほど溶けやすく、ほぐれやすくなります。
便座の蓋を閉めてなるべくお湯の温度が下がらないようにしながら、1時間程度放置しましょう。

5.時間が経ったらバケツで水を流して、水位の変化を確認する

時間が経ったらバケツややかんの水を、なるべく高いところから排水口めがけて「ジョロジョロ…」と注ぎます。
このとき、手順1と同じようになるべく便器内の水を減らしておきましょう。
こうすることで、便器の中で水の流れが起こり、重曹やクエン酸、お酢の力でほぐれた詰まりの原因が流れやすくなるのです。

便器の中にたまっていく水が普段と同じようにどんどん減っていくなら、詰まりの原因は解消されているでしょう。

注意点~温度だけには要注意!~

この方法で絶対にやってはいけないのが、便器に熱湯を注ぐことです。
繰り返しの説明になりますが、それくらい危険なことなので注意してくださいね。

また、重曹とクエン酸、お酢の組み合わせで発生する炭酸ガスは少量なら無害ですが、念のため換気をしておきましょうね。

重曹+クエン酸orお酢でも変化なしなら、詰まりを刺激する!

重曹+クエン酸orお酢を使った方法は、詰まっているトイレットペーパーやティッシュを「溶けやすい、ほぐれやすい状態」にするものです。
詰まりの度合いにもよりますが、いくら溶けやすくほぐれやすい状態になっても、そこに水の流れや力が加わらないと詰まりが解消できないこともあります。

「手順5」の高いところから水を垂れ流す方法でも水流は生まれますが、その程度の水流では物足りないケースもあるでしょう。
もし、バケツで水を流しても水がたまる一方なら、次に紹介する方法でさらに詰まりを刺激してみましょう。

詰まり解消の有名人!ラバーカップで詰まりを吸引

トイレ詰まりを解消する方法の中でも最も有名なラバーカップは、ここでも活躍します。
トイレの排水口に密着させて真空状態を作り、ラバーカップを引くことで大きな吸引力を生み出せます。
これだけの力があれば、溶けやすくほぐれやすい状態になったトイレットペーパーやティッシュペーパーの詰まりは、完全にとれるはずです。

「重曹+クエン酸orお酢」+「ラバーカップ」という方法を組み合わせて詰まりが改善できないなら、固形物が詰まっている可能性も考えられますね。

ラバーカップの正しい使い方は「トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?」を参考にしてみてください。

ペットボトルやビニール袋を使った「ラバーカップ代用法」!

ラバーカップは紙類の詰まりの解消に絶大な効果を発揮しますが、意外と常備していない家庭も多いです。しかし、身近なペットボトルやビニール袋を使ってラバーカップと似たような働きを生み出せます。

効果としては純正のラバーカップには劣ります。
それでもすでに「重曹+クエン酸orお酢」の力で溶けやすくほぐれやすくなっているなら、ペットボトルやビニール袋を使ったラバーカップ代用法でも十分でしょう。

この方法を実践するなら「トイレットペーパーを流しすぎた時のトイレ詰まりの解消はどうしたらいい?身近な道具①ペットボトルがラバーカップ代わりに!」を参考にしてください。

針金ハンガーで詰まりを刺激!

上の2つの方法は、「水の流れ」で詰まりを刺激する方法です。
これだけでも十分ですが、なんとなく「ちゃんと水の流れが起きているかな?」と疑心暗鬼になりますよね。
そんなあはたには、「針金ハンバー」で詰まりの原因を直接刺激するほうが合っているかもしれません。

必要な道具は、洗濯物を干す針金ハンガーを解体して簡単に作れます。
便器の断面図を想像しながら針金ハンガーを差し込み、詰まりらしきものにあたったら小刻みに動かして詰まりを崩すのです。
重曹+クエン酸orお酢で柔らかくなったトイレットペーパーやティッシュを物理的に刺激できるので、詰まっている場所までたどり着けば確実に解消できるでしょう。

詳しい方法は、「トイレットペーパーを流しすぎた時のトイレ詰まりの解消はどうしたらいい?身近な道具③針金ハンガーで詰まりを刺激!」を参考にしてください。

test

最後に

今回紹介した方法で使う「重曹」「クエン酸」「お酢」といったアイテムを常備している家庭は多いでしょう。
最近ではこれらのアイテムを使ったお掃除方法が、テレビやネットでもよく取り上げられていますからね。
ラバーカップを常備している家庭よりも多いのではないでしょうか?

トイレの詰まりの原因がスマホや子どものおもちゃなどあきらかな異物だと難しいです。
しかし、大量のトイレットペーパーやうっかり流したティッシュ、何気なく流していた流せるお掃除シートといった紙類なら、「重曹+クエン酸orお酢」で詰まりを解消できる可能性は高いです。

すでに家にアイテムがあるなら試す価値はありますし、今家になくもて100円ショップで簡単に揃います。
詰まりを解消するポピュラーな方法のラバーカップも100円ショップで売っています。
しかし、これは主に和式用のものなのであまりおすすめできません。

安物買いの銭失いをするよりは、トイレの詰まりを解消した後も掃除に大活躍する「重曹」「クエン酸」「お酢」を選んだほうが良いかもしれませんね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トイレットペーパーを流しすぎた時のトイレ詰まりの解消はどうしたらいい?

トイレの詰まりをラバーカップ(すっぽん)で解消するコツとは?

トイレつまりを真空式パイプクリーナーで解消?正しい使い方とは?

トイレの便器の水を流すとゴボゴボと音がするけど原因は?解消方法は?

NO IMAGE

嘔吐物や残飯がトイレ詰まりの原因になったときの解消法とは

流せるお掃除シートがトイレ詰まりの原因に?解消方法は何があるの?